1. 肉には顔がある。だから、女は23歳を過ぎたら自分の"肉"にも責任をもつべきだ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

肉には顔がある。だから、女は23歳を過ぎたら自分の"肉"にも責任をもつべきだ

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

肉には顔がある。だから、女は23歳を過ぎたら自分の

後から増やした肉はNG でも生まれつきの肉づきは美しい

レディー・ガガが突然むっちりと太ってしまった時、“彼女に一体何があったの?”と世界中が大騒ぎした。あれは紛れもなく“いじめ”だった。何のことはない、“父親がオープンしたレストラン” の料理をちょっと食べ過ぎただけ?いや、今思えばあの激太りは、父親のレストランの世界規模の宣伝だったと思えなくもない。それくらいガガはまた、するする痩せていた。過激なダイエットで、年中救急車で運ばれるらしいガガには、肉の増減などどうとでもなるはずで、世界はガガのその肉にしてやられたのかもしれない。

でもこの激太りは、あらためて大切なことを教えてくれた。女の肉はかくも簡単に“別人格”のイメージをつくってしまうこと。世間は太ったり痩せたりした女にかくも冷酷なこと。ともかく女が急に肉を増減させると、深刻な問題が起きていると勝手に決めつける。勝手にその女の人生を憂うのだ。髪がボサボサの女より、5キロ太った女の身の上を憂うのだ。

ただもともと“ふくよか”な人の肉は別。不幸せな印象が宿らない。というより“生まれつきのぽっちゃり肉”は幸せの象徴。不思議だけれどDNAがつくった肉は量が多すぎてもちゃんと美しく見え、時には人を魅了する。愛される肉であり続ける。ところが後から増えた後天的な肉は決して愛されない。必ずネガティブな印象をつくってしまう。DNAがつくった肉はなめらかで弾力に満ち、顔の表情と一体化して見えるが、後からついた肉はどこか不均一で体にも顔にもなじまない。つまり、肉の質まで違って見えるのだ。その人に似合っていない肉だから、肉自体が負の印象を生んでしまうのだ。20代で太ると無精な女に見え、30代で太るとバランスの悪い女に見え、40代で太ると女を捨てた女に見える。だから太っていない女は太っちゃいけないのだ。少なくとも50代までは。