1. 失敗・挫折・失恋……すべてのことに意味がある!

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

失敗・挫折・失恋……すべてのことに意味がある!

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

失敗・挫折・失恋……すべてのことに意味がある!

私はこの人と会うためにたくさんの男と別れてきました?

まだ30代前半なのに、2度の離婚を経験した人がいた。しかし慎重になるどころか、自分は幸せになれないのじゃないかという不安から、さらに前のめりに恋愛するようになり、躍起になるからいちいちうまくいかない。そんな中で知り合った男性は、まったく好みのタイプではなかったが、いよいよ自信を失いかけた時、気がついたら彼だけが側にいて、 “ボクじゃダメですか”的なことを言う……その時彼女はこう考えた。ひょっとしたら、今までことごとく男とうまくいかなかったのは、結局のところ彼に出会うためだったのではないか。そう考えればすべて辻褄が合ってしまう。なぜなら、その彼は別れた男たちとは真逆、2度の失敗を経なければ“ありえないタイプ”。だいたいが、2度の離婚や多くの失恋で、ちょっと“男性不信”になって、男がちょっと嫌になって……さもなければ、その彼と付き合うことは絶対になかったと彼女は言った。でも付き合い始めたら、日一日と良さがわかってきたのだと。

人の運命は決まっていて、そのシナリオに逆らっても逆らっても、結局決められた場所に戻される。しかも“運命の人”をちゃんと好きになれるよう、他の男でそれを学べるカリキュラムが仕組まれているのだ。そう考えると、うまくいかなかった結婚や恋愛、それによって深く傷つき、流したたくさんの涙まで含め、無駄ではなかったと思える。すべて必要なことだったんだと思える。だからすべてのことに意味があるのだと。私自身もまた確信している。かつてぶち当たった問題の数々が、あとになって「なるほど、あれはそういう意味があったのか!」といちいち腑に落ちる展開になっていったから。

そう考えると、すべての“破局”からの立ち直りも早くなる。どんなに酷い別れで激しく傷ついても、これは自分の人生における“修業”なのだと思うと、苦しみが半分になるはずなのだ。いや、修業と思うといきなり希望が生まれる。自暴自棄にならないどころか、予想もつかない自分の未来に想いを馳せ、きっと結果オーライになるはず、と思えるから、どんなに辛くても立ち上がれるのだ。むしろ悪いことが起きるほど大きな希望が持てるのだ。逆境に置かれるほど、むしろ得したと思えるようになるはずなのだ。いや、だから人生って面白い。今までの失敗や挫折はことごとく、のちに“意味”が明らかになったから。