連載 齋藤薫の美容自身stage2

失敗・挫折・失恋……すべてのことに意味がある!

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

私はこの人と会うためにたくさんの男と別れてきました?

まだ30代前半なのに、2度の離婚を経験した人がいた。しかし慎重になるどころか、自分は幸せになれないのじゃないかという不安から、さらに前のめりに恋愛するようになり、躍起になるからいちいちうまくいかない。そんな中で知り合った男性は、まったく好みのタイプではなかったが、いよいよ自信を失いかけた時、気がついたら彼だけが側にいて、 “ボクじゃダメですか”的なことを言う……その時彼女はこう考えた。ひょっとしたら、今までことごとく男とうまくいかなかったのは、結局のところ彼に出会うためだったのではないか。そう考えればすべて辻褄が合ってしまう。なぜなら、その彼は別れた男たちとは真逆、2度の失敗を経なければ“ありえないタイプ”。だいたいが、2度の離婚や多くの失恋で、ちょっと“男性不信”になって、男がちょっと嫌になって……さもなければ、その彼と付き合うことは絶対になかったと彼女は言った。でも付き合い始めたら、日一日と良さがわかってきたのだと。

人の運命は決まっていて、そのシナリオに逆らっても逆らっても、結局決められた場所に戻される。しかも“運命の人”をちゃんと好きになれるよう、他の男でそれを学べるカリキュラムが仕組まれているのだ。そう考えると、うまくいかなかった結婚や恋愛、それによって深く傷つき、流したたくさんの涙まで含め、無駄ではなかったと思える。すべて必要なことだったんだと思える。だからすべてのことに意味があるのだと。私自身もまた確信している。かつてぶち当たった問題の数々が、あとになって「なるほど、あれはそういう意味があったのか!」といちいち腑に落ちる展開になっていったから。

そう考えると、すべての“破局”からの立ち直りも早くなる。どんなに酷い別れで激しく傷ついても、これは自分の人生における“修業”なのだと思うと、苦しみが半分になるはずなのだ。いや、修業と思うといきなり希望が生まれる。自暴自棄にならないどころか、予想もつかない自分の未来に想いを馳せ、きっと結果オーライになるはず、と思えるから、どんなに辛くても立ち上がれるのだ。むしろ悪いことが起きるほど大きな希望が持てるのだ。逆境に置かれるほど、むしろ得したと思えるようになるはずなのだ。いや、だから人生って面白い。今までの失敗や挫折はことごとく、のちに“意味”が明らかになったから。

いちいち謎解きをしないと不幸感に支配されてしまう

この考え方が、もっと役に立つのは、むしろ仕事。今7割近くの人が“転職”を考えたことがあるというが、本当に転職するのは2割ほどで、みんないつも悶々としたまま辞める勇気もなく、日々をやりすごしていることになる。そういう人が、思い切って転職し、転職するなり、“しまった!”と思ったとしよう。仕事ばかりは本当にやってみないとわからない。今の仕事も続けるべきかどうか迷っているのに、未知の仕事とどっちがいいか、なんて比較は難しすぎる。頭が変になりそうに悩むはずなのだ。だからいざ転職してみたら、やっぱり前の仕事のほうが良かった、なんてケースは少なくない。きっと死ぬほど後悔するだろう。

でも“後悔”もまた“希望”にしてくれるのが、この考え方。深く後悔しても“そこにだって必ず意味がある”と思うと、逆にその“間違った転職先”にも、人生における意味を探そうという気になるはず。しかも、さらにその先に自分が進むべき本当の舞台がきっとあると思えるから、むしろ前の会社で悶々と仕事をしている時にはなかった希望が生まれる。動いたからこそ、希望が生まれるのだ。事なかれでジッと動かずに生きていたら、“失敗”もしないが、教えもない。もちろん安全策で“動かないこと”にも、たぶん意味があるのだろうが、その意味はきわめてわかりにくいし、新しい希望は安全な人生の中にはなかなか湧きあがってこないのだ。

ふと思い出されるのが、元フジTVアナウンサーの菊間千乃さんの場合。ご存知のように現在はフジTVを退社し、弁護士になっている。その転機には、言わずもがな“あのスキャンダル”、未成年アイドルとの飲酒で無期限謹慎処分を受けたことがやはり大きいはず。ただ“謹慎”をきっかけにロースクールに通い始めたのではなく、学校に通い始めるほうがわずかに先だったという。それがまず暗示的。とは言え、当時女子アナになって10年、出番が減ったことでいろいろ考え始めた時期。硬派なジャーナリストへの道を模索したらしいが、TVを離れて本気で弁護士になる決心をさせたのは、やはり“謹慎”と復帰に対するバッシングとか。いずれにせよ、女子アナ10年目、この人の身に起こることはすべてに意味があったのだろう。出番が少なくなることから、復帰バッシングまで……。

しかもこの人は、その7年前、取材中に大ケガをして、生死を彷徨い、復帰も危ぶまれたほど。それも逆境を自ら守りきる術を身につけておく意味があったのか。ともかくこの人は“弁護士”にならなきゃいけない運命だったのだろう。バラエティ色の強い女子アナとは、あまりに大きな隔たりがあるのに、結局弁護士にもっていかれたのには、運命の力強さを感じざるを得ない。

もしも不幸な出来事が重なって、私ばかりなぜ?と落ち込むことがあったら、不幸をかみしめるのではなく、そこにある意味を考えぬこう。その時、何でもかんでも単なる“修業”と片づけず、もう少し深いところにある意味も考えるべき。とことん考えるクセをつけるべき。だいたいが、失敗したり挫折したり、思い切り落ち込んだ時、夜も眠れずに考え込む時って、単に悩みをこねくり回しているだけで実際は何も考えてはいない。それでは1ヵ月考え続けてもまったく何の前進もない。だって何をどう考えたらいいかわからないし……、というなら、この“失敗や挫折の意味”をひたすら考えてほしい。

もちろん“不幸の意味”は後になってわかること。でも今考えることは無駄にはならない。不幸を希望に変えるために必要なことなのだ。謎はいつか必ず解けていく。あの挫折にはそういう意味があったのかと、面白いくらいにするすると。ただ、注意深く生きていないと“過去の不幸”の謎解きができずに人生が進んでしまう。すると不幸感や人生のままならなさばかりが自分を支配してしまうから、時間がかかっても必ずひとつひとつ“意味”を見つけておこう。失敗も挫折も“意味”を見つけたそばからあなたの中で永久に消え、血なり肉になるはずだから。

もしも不幸な出来事が重なっても、その不幸をただ噛みしめず、必ずそこにある謎を解くべし!

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ