1. あなたは自分の容姿を正しく評価しているのか?!

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

あなたは自分の容姿を正しく評価しているのか?!

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

あなたは自分の容姿を正しく評価しているのか?!

自己評価と周囲の評価がズレる人は、人生うまくいかない

駐日大使となったキャロライン・ケネディ氏が、美容上の新しい評価を集めている。シワを隠さないってカッコイイ、いっそ美しい……という。55歳の大使がシワだらけにならない方法はいくらでもあるのに、おそらく何もしていない。“何もしないこと”がベストなわけじゃないが、確かに大使はそれでも美しい。なぜだろうと考えた。内から発光するような輝きと持ち前の清潔感が、シワをもプラスに見せるから。そして何より、55歳という自分のありのままの容姿に満足しているから。諦めではなく、ちゃんと満足していると、とても自然に穏やかさや幸福感が生まれて、それがシワさえも何だか美しく見せるのだ。 

ただし、何でも満足してしまう女や、自己満足な女も、絶対に輝けない。それ以上キレイになれない。女はそこが難しいのだ。劇的にキレイになる人は全員“自分に満足していない人”。満足している人に革命は起こらない。かと言って、自分を嫌いだと、自分を高める行動には出られない。だから自分を嫌いにならずに不満に思う。自分を否定せずに肯定をしない……ああ難しい。

そこで重要なのは、自分への不満をコンプレックスに変えないこと。いよいよマスコミにも登場し始めたホンモノの“全身整形美人”にも、お人形のように整うタイプと、どんどんバランスを崩していくタイプがあるようだが、バランスを崩す原因は粘着性のコンプレックス。強すぎる劣等感はさまざまな判断に誤作動を起こす。目の大きさや鼻すじや、何かひとつのことに執着しすぎて、どうしてもキレイの完成には行き着かないのだ。ましてや、キレイになっても劣等感を持ち続けるタイプは、人間関係がうまくいかない。意味なく相手と自分を比較して自分より上の人、下の人への対応が何だか妙なことになる。だから人生も当然うまくいかなくなるわけで。まずは、自分の中にコンプレックスがこびりついてないか、そこを見極めてほしい。女は自分の容姿についての、正確な評価が絶対不可欠だからである。美しい人も美しくない人も、自分をきちんと知っておくべきだから。