1. あなたは自分の容姿を正しく評価しているのか?!

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

あなたは自分の容姿を正しく評価しているのか?!

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

美人は人一倍謙虚に、そうでない人は人一倍素直に

「私は幸運にもキレイに生まれたから、その分謙虚にならないといけないと思う」。そう言ったのは、ある有名モデル。美しい女は、自分の美貌をそういうふうに考えるのかと驚いたもの。見方によっては不遜にも思えるが、この世で美貌を生業にできるわずか数%の女たちは、その美貌を“役立てる”ために必死なのだと改めて気づいた。美人の驕りは意外になく、天性のキレイにあぐらをかかず、自分に与えられた能力のひとつとしてそれを謙虚に“役に立つなら、役立てたい”と考えている。おそらくは、数%の女たちがしのぎを削る世界にいるから、自分の美貌に対する謙虚さが自然に身についたのだろう。 

なるほど、キレイに生まれた女は、人一倍謙虚になるべきだし、キレイに生まれなかった女は人一倍素直になるべき。それが絶対の約束。自分を正しく採点した上で、そこだけクリアすれば、女の人生必ずうまくいく。

と同時に大切なのが、“自分の役割”とキレイの兼ね合い。単純に、容姿をひと目にさらす“表現者”は絶対美しくなければいけない。悪役と汚れ役以外の女優はやっぱり生涯美しい方がいい。逆に言うと、ケネディ大使は肌がピンピンである必要はないのだ。むしろシワがあるから清潔感が際立ち、ちゃんと好感をもたれるからあれがいい。一方、会社の受付は職務として日々キレイであるべきだし、企画の女もプレゼンの時は美しくあるべき。保護者会の母親もキレイなほうがいいし、浮気な夫をもつ妻は毎日朝から美しくないといけない。ちなみに結婚したい独身女性はやっぱり365日美しくあるべき!