1. 今からでも遅くはない!あなたは何になりたいですか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

今からでも遅くはない!あなたは何になりたいですか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

今からでも遅くはない!あなたは何になりたいですか?

"結婚"というイスに腰かけてもいつか欲しくなる、別のイス

あくまで一般論として、AKBのような常勝人気グループがもしも急に解散したら、みんな何を思うのか?一人立ちできる人たちはいいが、そうでなければまず「私は何になれるのか!?」と考える。見つからなければ、「私はそもそも何になりたいのか?」と考え、それでも答えが出ない時、夜悶々と「私は一体何者なのか?」という自問を始めるのだろう。

正直、仕事なんていくらでもある。ただ多少とも“注目される立場”にあると、そこからふつうの仕事に切り替えるのは並大抵のことじゃないのだろう。とすれば、自分はなまじアイドルなんかにならなくてよかったと安堵する人もいるはず。最近“スポーツ選手の戦力外通告”がやたらクローズアップされるのも、“ふつうの仕事”の男が自分はふつうの仕事でよかった、とあらためて現状に満足する時間を得られるからなのだろう。“自分の席があること”が、どんなに幸せかを教えてくれるから。

そう、男の戦力外通告は逃げ場がないから、尚更しんどいのだ。女は、たとえアイドルの称号を外されても“結婚”という避難所がある。女の結婚願望の半分は、自分が何者かわからない時に、ひとまず人妻という席を確保したいという心理から来ている。もちろんそれもひとつの席。けれどもイザそこにどっかり座ってみると、やっぱり外にあるイスに座ってみたくなる。それでまた自分に問いかけるのだろう。「私は何になりたいの?」。でもそうやって大人になってから、新しい自分の席を探すのは、決して悪いことじゃない。引退を強いられたアイドルでなくても、それを探すべき。むしろ、一生かけて何度でも考え、悩み、探してほしいものなのだ。