1. あなたはいつどこで美人に見えるのか?錯覚の魔法を考える

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

あなたはいつどこで美人に見えるのか?錯覚の魔法を考える

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

あなたはいつどこで美人に見えるのか?錯覚の魔法を考える

1%でも上向きの矢印 それが美人に見える魔法

毎日毎日、顔を合わせていると気づかないレベルの変化も、その人と久しぶりだとハッキリ見えたりする。たとえば3キロ太ったり痩せたりしたことも……。視覚も慣れると麻痺をするのだ。“美人は3日で飽き、ブスは3日で慣れる”のも、それがため。 でもそれだけじゃない。人は会った相手に対して必ず、前に会った時との比較をする。前の時より美しいか醜いか、カンジがいいかカンジ悪いか、元気そうか疲れていそうか、優しそうか冷たそうか、幸せそうか不幸そうか……。従って間があくほどに印象が強烈になり、そういう感想の積み重ねが、相手の“印象”になっていく。だからこそ、女は前よりほんのわずかでも上向きになっていないといけないのだ。前よりもちょっとでも不幸に見えたり、疲れて見えたら、その人の印象は一気に下降、それがそのまま人の記憶に残ってしまうから。極端な話、前に会った時にたまたま“満面の笑み”だった人が、次に会った時は“普通の笑顔”だったらもう「何だか彼女、カンジ悪くなった」と思われる。あるいはまた、“幸せ”そうでなくなった。きっと何か良くないことが起きたんだと、だから性格も悪くなったのに違いないとまで決めつけられる。

人は他者の変化に対し、異様に敏感だ。とりわけ人が後退していく時の心の変化には必要以上に敏感。だから前よりちょっとでも笑顔の量が足りないだけで、不遜と不幸、両方のレッテルを貼られることになる。人として劣化したって。最近“劣化”の二文字を人の噂話にばかり異様に耳にするのも、劣化は年をとることとは違う、人として魂の向きも人生の向きも下向きになって落ちていくことだから。

でも人はなぜそんなに他人の後退や劣化に強い反応を示すのか?人間は生きている以上、より良くなっていかないと人として失格という、揺るがぬ法則を背負わされていて、そういうものへの強いプレッシャーから逆に、断片的にでも他人の後退を見つけると、私は大丈夫、とホッとするというサガを持っているからなのだ。