1. "自分のため"と"人のため"…… その割合が、女の印象をつくっていた!!

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"自分のため"と"人のため"…… その割合が、女の印象をつくっていた!!

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

"美しい日本人"を自覚しよう 日本が嫌われている今だからこそ

W杯初戦で日本のサポーターが、試合に負けたのに観客席のゴミを拾って帰ったことが、海外メディアで絶賛された。この時ふと思い出されたのが2011年の震災時、被災した人々が世界から称賛されたこと。暴動も強奪も起こさずに、皆ルールを守って未曾有の大震災に耐えていたからと……。

正直、日本中でスポーツ観戦後や数万人規模のコンサート後にゴミが散らかってないわけじゃ全然ないし、日本人がみんな東北の人々みたいに冷静に穏やかに非常事態を乗り越えられるわけじゃない。少々こそばゆいが、ともかく日本人が評価されるたびに身が引きしまり、そうよ、私たちってそうなのよと改めて気づかされ、体の中で眠っていた何かを呼び起こされる気がするはず。

安倍首相がかつて「美しい国、日本」と連呼した時、曖昧なキレイごとだと批判を浴びた。もちろん意味はもともと大分違うけれども、同様にこの言葉が不意に浮かんできて、改めて良い言葉だとしみじみ思えたりするのも、私たちの中に眠っている何かがうずくように胎動を始めているからじゃないか。「美しい国の美しい日本人」。そういう自覚が目を覚ましかけているからではないか。

ひとつのきっかけは、日本が隣国の韓国や中国からやたら嫌われていること。批判されてるのはほとんど“歴史認識”だけなのだが、それ以上に、嫉妬なのか何なのかともかく気にくわないという嫌われ方をしてる。そこで今まではあんまりなかったナショナリティみたいなものが、急に生まれたのは確か。でも彼らの反日感情に食ってかかるのじゃなく、私たちはそんなふうに嫌われるような人間じゃないはずと、自分たちの中にある良心を自覚し直す人が今少なくない。美しい日本人にならなきゃという、目覚めを感じる人が少なくないのだ。

最近はどこの国に行っても中国人だらけだが、かつてはどこも日本人だらけだったし、同じような陰口も囁かれていたから、大きなことは言えないが、それだけに、自分たちが日本人であることを今一度きっちり自覚し直して、世界に評価される日本人の誇りをきちんと持ち直すべきだと思うのだ。嫌われたことを機に、“美しい日本人”を自分の中でもっと活性させるべきだと思うのだ。なぜだかアンジェリーナ・ジョリー初監督で、誤解だらけの強烈な反日映画も作られるらしいし。