1. "自分のため"と"人のため"…… その割合が、女の印象をつくっていた!!

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"自分のため"と"人のため"…… その割合が、女の印象をつくっていた!!

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。


とても単純に善いことをした日、わかりやすく言うなら電車でお年寄りに席を譲った日。一日中心が清々しくて穏やかで、たぶん表情も柔らかく、まさに身も心もキレイな女ができあがっているもの。そこから大いに学べるのは、“人のため”がキレイのキモ。必死の美容だけでは何だか空回りして、やった分だけキレイになれない気がしていたはずだが、それは100%“自分のため”だけに生きている“歪み”なのだ。“人のため”“誰かのため”がまったくなくて、いつもいつも“自分のため”に生きていると心が荒れるし、疲弊する。“自分への執着”がどんどんエスカレートするから結果的につねに心が満たされず、イライラしている不安定な女ができあがるのだ。そこを何割か“人のため”にも生きると、とても自然に心が安定し、身も心もキレイになれる。そういうこと。

中には、自分のことなどどうでもいい、“100%人のため”みたいな生き方をしている人もいる。でもそれは運命的にそういう使命を持たされた人だけにできること。ふつうは無理。“人のため”が半分を占めるのも、たぶん選ばれた人だけだ。無理する必要はない。10%でも20%でも、“誰かのため”が心の中に息づいていれば、間違いなく安らかな心によってキレイになれる。もちろん歳を重ねるほどに“誰かのため”を増やしていって、最終的に半々になるのが目標だ。それもじつは、立派な美容。だって化粧室に入って洗面台をビショビショにして出て行く人は、いくらキレイに化粧直ししてもキレイに見えない。あとの人のために洗面台をキレイにふいて出て行く人だけが美しい。それだけは確かなのだから。

"誰かのため"と思うと、不思議に心が安定し、穏やかになれる。だから自分自身が救われる。