1. "将来の不安"の有無が、人生の形を決めていた!

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"将来の不安"の有無が、人生の形を決めていた!

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

まったくよけいなお世話だけれど、AKB48から次々“卒業者”が出て行く事実に対してあれは本当に自分の意志なのだろうかと思ったりする。“先に不安はないの?”なんて勝手に心配している。

いや、ないわけはない。大企業の“役員”を辞めてフリーになる、みたいなものなのだから。もちろん皆まだ驚くほど若いから深刻さはないのだろうし、“天下のAKB”時代に貯めた自信がまだ続いているから平ちゃらなのかも。いや、あの“秋元さん”のことだから、主要メンバーには卒業後の心の整え方を早くから教えていたかもしれない。AKBを出たらもっと大ブレイクするかもしれないが、忘れられてしまうかもしれないことを……。人間なぜ不安になるかと言えば、言うまでもなく将来が今よりひどくなる可能性に恐怖を感じるから。だから逆に言えば、“将来は今よりきっと悪くなる”とあらかじめ覚悟していたら、不安なんてなくなる。今が人生のピークとわかっていれば、不思議に不安が和らいでくる。人間、今よりもっと、という欲を持つから不安が押しよせるのだ。

まったく逆に、今がドン底と思えば後は良くなるしかないから、希望ばっかりでやはり不安は生まれえない。そもそも不安なんてオバケが怖いのと一緒で、実体のない未来を、一人で恐れている“感情だけの”。そんなものに捕らわれて生きるのはまったくバカバカしい。

なのに政府の調査だと、'80年代に比べて今の日本人は不安の量が平均2倍にもなっているという。“何だかいつも不安”な人が減らないのだ。ただ、とても不思議なことに、2011年以降、天災に対する不安が一気に目を覚ましたせいか、逆に自分自身の人生に対する不安は一時的に減ったのだとか。確かに人間、体調に大きな不安を抱えたりしたら、“私は果たして幸せになれるの?”なんていう不安は入り込めなくなる。人間いつでも何かしらに不安を見つけてしまう生きものだからこそ、新しい不安を持つと古い不安を忘れるのだ。だからまず、不安でうまく生きられない人は、そんな不安のメカニズムを知ってほしい。多くを望まなければ、逆に希望だらけなら、人は不安にはならない。Aの不安が募れば、Bの不安は消える。そしていちばんいけないのは、不安を心の中だけでじっくり育ててしまうことだって。