1. 世の中にはやり遂げる女と諦める女の2種類しかいない

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

世の中にはやり遂げる女と諦める女の2種類しかいない

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

世の中にはやり遂げる女と諦める女の2種類しかいない

あの人の"結婚"に見る"やり遂げる女"の壮絶な生き方

いろんな人生を俯瞰からながめていると、とてもシンプルな結論が見えてくる。たとえばそれは、こんなこと……。人生を成功させるのは、結局のところ“やり遂げる女”。人生何だかうまくいかないのは、やっぱり“諦める女”。そしてこの世の中、最終的に“やり遂げる女”と“諦める女”の2種類しかいないってことも、あらためてわかってくる。当たり前のことなのに、今まさに心にずしんとくる結論だ。

その生き証人となるのが今、“道端ジェシカ”という人なのだろう。この人は典型的な“やり遂げる女”。言うまでもなくF1レーサー、ジェンソン・バトンと婚約中で、きっと幸せの絶頂にあるはずだが、それも単に持ち前の美貌で手にしたラッキーではなく、自分の手で作りあげた幸せ、やり遂げた結果の幸せ。この人の人生それ自体がつねに“やり遂げる女”の作品になっていると言いたいのだ。

10代の頃は、“受け身”であるモデルの仕事になじめず、ネガティブになりがちでイライラもし、それで周りの空気も悪くしてしまうという負の連鎖を生んでいたと、何かのインタビューで語っていたが、20歳を過ぎてハッキリ意識を変える。それも原因はすべて自分にありと気づいたから。意識的に行った心の改善だったのだという。「本をたくさん読むようになったことがきっかけ」というあたりも“やり遂げる女”のやり方だ。自分を変える具体的な手段を知っている。負のエネルギーをそっくりプラスのエネルギーに変える術を知っている。普通なら負の連鎖から抜け出られなくなるはずなのに、そうやって自らを確実に浄化してきた人なのだ。

おそらくはそのあたりで、良いと思うことにはどんどん挑み、やり遂げていくことの醍醐味を知ったのだろう。やり遂げて女の心のしくみに気づいたのだ。まったく独学で英語を学び、ネイティブの発音まで身につけたことは有名。ハッキリ言って、語学は“やり遂げる”のがいちばん難しい。そして恋人の影響で始めたというトライアスロンもたぶん“やり遂げる”のがいちばん難しいスポーツ。それだけ取っても、典型的な“やり遂げる人”。だから、女として人として、みるみる進化を遂げたのだ。