1. あなたでなければダメ…そう言われる女になる道

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

あなたでなければダメ…そう言われる女になる道

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

あなたでなければダメ…そう言われる女になる道

"置きかえのきかない女"には3つの共通点があった

学生時代、アルバイト先を辞める時、自分がいなくなったらここはどうなるのか。誰も自分の代わりなどできないしと心配していたら、1週間後には何事もなかったように自分の穴は完全に埋まっていて、拍子抜けしたことがある。自分でなきゃダメだなんて一瞬でも思ったことが恥ずかしかった。

勤めていた出版社を辞めた時も、同じように自分の穴はすぐ埋まり、世の中は結局のところそうやって何事もなく回っていくんだとあらためて思い知ることになる。いや仕事はともかく、男と女の間には“置きかえのきかない関係”ってあるはずと思っていたが、夫婦仲が異常に良かった友人が病気で亡くなった時、一体どうなってしまうのだろうと周囲がひどく心配したご主人は、わずか2年で再婚していた。やはり“どんな穴”もすぐに埋まってしまうのだと、少しだけ淋しかった。

でも『セカ中』に『マディソン郡の橋』といった、恋愛小説のとてつもないベストセラーは、どちらも『あの人でなければダメ、結局その穴は埋まらない』という物語なわけで、人々が皆“そこ”に憧れることは確か。つまり「代わりのいない純愛」に身をやつすことを皆どこかで望んでいるのだ。昔付き合った人のことをずっと想い続けて結婚しない、恋もしない人がたまにいたりするが、それも“置きかえがきかない愛”への憧れからくる決意なのだろう。どちらにせよ「あなたでなければダメ」と言われることは、生きていく上での究極のテーマなのである。

ふと思い出されたのが、作曲家の加藤和彦氏の死であった。作詞家・安井かずみさんとは、別々の仕事の打ち合わせ以外は100%一緒、“理想の夫婦”として憧れの的となる。その最愛の妻がガンで亡くなった時、これからの人生は“亡き妻と神様とともに生きて行く”と語って涙を誘ったものの、一年後には再婚。物議をかもしたが、数年で離婚したのちは、一緒にいる女性がいつも違うと噂され、結局自ら命を絶ってしまう。やはり“その妻”のことが忘れられず、人生を彷徨い、疲れ果てたのじゃないかとも言われた。逆に“置きかえのきかない愛”を体験してしまったがための不幸もあるのだと気づかされたが、そこまで想い想われる存在となるのはやっぱり尊いこと。そういう境地に至るには、この夫婦のように知性と感性の両方が不可欠だからだ。つまり「あなたでなければダメ」という“置きかえのきかない愛”は、一方通行では意味がないし、双方が同じように相手を掛けがえのない人と思い、尊敬し合わないと成立しない。両者に同等の知性と感性と人としての才能が不可欠だから置きかえがきかないし、素晴らしいのだ。