1. むくみ都市伝説のウソorホント! 食生活編

2016.05.15

むくみ都市伝説のウソorホント! 食生活編

“むくみ”にまつわる都市伝説は数知れず。それってウソかホントか……。むくみ都市伝説の真実に迫る!

むくみ都市伝説のウソorホント! 食生活編

ウソ?ホント?:ダイエットのために肉は食べない

ウソ:水分を血管にとり込むたんぱく質は必須

「ダイエットで肉や魚を減らすと、たんぱく質不足になり、アルブミンという物質の量が低下。この物質が減ると、細胞の間にある水分を血管の中にとりこむ力が弱くなるので、体に水分がたまります。たんぱく質はしっかりとりましょう」(小林先生)

ウソ?ホント?:食事中は水分をたっぷりとりながら

ウソ:ご飯がおかゆ状になり太るもと!

「食事中、特にご飯などの炭水化物をとるときにたっぷり水分をとると、ご飯がふくらんでおかゆ状になり、体に吸収されやすくなるので太るもとに。お茶や水は食事中以外で飲み、水分だけで吸収することで、水分排出力が高まります」(Mattyさん)

ウソ?ホント?:塩分は控えるけど、甘いものは食べてOK

ウソ:血糖値が上がると水分をため込む

「塩分をとると体内に水分をため込んで濃度を下げようとします。甘いものも、血糖値が上がると水分をため込みやすくなるので注意。塩分、糖分に注意し、塩分を排出するカリウムを多く含む食品をとりましょう」(小林先生)

ウソ?ホント?:サプリはむくみに効かない

ウソ:体に合ったものを飲めばむくみオフに役立つ

「漢方では、むくみは体全体の不調和によって生じるといわれています。自律神経のバランスが整い、体全体の調子がよければむくむことはありません。むくみの原因は人それぞれなので、医師に相談しながら自分に合った漢方薬やサプリをとり入れれば、むくみ解消に役立ちます」(小林先生)

ウソ?ホント?:水はたっぷり一日1.5~2リットルをこまめに飲む

ホント:むくみ予防には体温と同じ温度の白湯を!

「むくんでいる人ほど水分を一日1.5~2ℓを目安にとらなければ、むくみを押し出せません。成分のあるお茶は体に吸収されるので、体温と同じ温度の白湯やミネラルウォーターを!」(Mattyさん)

教えてくれたのは

Image title

文・取材:山本美和
構成:中田優子

VOCE2016年6月号

VOCE2016年6月号 
特集 なれるものなら石原さとみ「グッとくる美人!」になろう
詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/