1. しわ別に合わせたクリニックでのメニューを教えて!?

2016.06.11

しわ別に合わせたクリニックでのメニューを教えて!?

年齢印象を大きく左右する肌悩みのひとつ“シワ”。引っ張って、紐のように取り去れたらいいのに……! そんな、できてしまったシワの改善方法、シワを作らないための最新ケアをレポート。タカミクリニック医院長 高見先生が、美容医療の見地から、ビューティのハテナに答えるQ&A。聞き手はビューティエディター安倍佐和子さん。

しわ別に合わせたクリニックでのメニューを教えて!?

Image title

シワの部位別に行われている、クリニックでの治療法を教えてください。


Image title


現在クリニックで行っている、「目尻のシワ」や「額」「法令線」、そして最近増えている「首のシワ」についての治療法を、お教えしましょう。

■目尻のシワ
“カラスの足跡”とも呼ばれる、笑った時や力を入れて目を閉じた時に出る「目尻のシワ」には、ボトックス注射が適応します。

Image title

■額のシワ
クリニックでの治療法に、「ボトックス注射」や「ヒアルロン酸注入」があります。
「額のシワ」など、表情筋の動きに伴ってできるシワに関しては、ボトックス注射での治療がポピュラーです。ボトックス注射に使用される「ボトックス」とは、A型ボツリヌス毒素から抽出した成分。ボトックスは、筋肉と神経の結合部に作用し、局所的に筋肉の動きを弱め、筋肉の収縮を制御することで、表情ジワに効果を発揮します。

ただし、注入位置、注入量で仕上がりが左右されるこの治療法。通常、額にボトックスを注入すると眉が動かなくなり、鉄仮面のようになってしまうこともあると言われています。笑っても眉が動かず不自然に見える……ということもあるので、確かな技術を持った医師のもと治療を行うことが重要です。

Image titleまた、より自然な改善方法を求める方には、ヒアルロン酸注入で治療を行うことも。シワはもちろん、額全体の形がよくなり、ハリも出るため、ボトックス注射よりも若々しくなったと喜ばれる方も多くいます。

■法令線
法令線は、表情ジワやたるみ、顔痩せなど複数の原因から深く刻まれていくパーツ。見た目に年齢を感じさせるのと、化粧品ではなかなか解消しにくいパーツのため、法令線の改善が目的でクリニックに来られる方が多くいます。
法令線の早期改善メニューで人気なのが、ヒアルロン酸注入です。ただし、現在、多くのクリニックで行われているヒアルロン酸注入は、法令線を消すという作業に終始してしまうケースがほとんどで、“線”は薄くなったけれども、なんだか若く見えないという声が多いのが実状です。多くの方が望んでいるのは、線を消すのと同時に、ふっくらプリっとした口もとにして欲しいということ。ただ線を消すだけでなく、ボリュームが落ちてしまった頬や口もとなど、皮膚を“面”で持ち上げて、ふっくらさせて線を消す、という高度なテクニックを必要とします。ヒアルロン酸注入は医師の技術、センスによって、大きな差が出てしまう治療法と言えますので、医師選びを慎重に行うことが大切です。

Image title

■首のシワ
最近は、顔だけではなく首のシワのケアで来院される方も増えています。手首同様に、首は関節の一部、どうしてもシワは避けられないパーツです。でも、手首のシワを見ても「老け」を感じないのに、首もとのシワを見ると「老け」を感じてしまう、それは線だけでなく、じつは年齢と共に首の皮下組織のボリュームが落ちて、皮膚が薄くなっていることも原因です。ホームケアでも、顔同様、首まできちんとスキンケアを忘れずに。
クリニックでは、深く入ってしまったシワはヒアルロン酸注入やボトックス注射で改善し、薄くなってしまった皮下組織は真皮に美容成分を導入できるタカミ式メソフェイシャルプラスでの治療をおすすめしています。


Image title

Image title

協力:タカミクリニック
http://www.takamiclinic.com/

イラスト:いいあい