1. ファミレスで起こった珍事件たち【ジワジワくると話題の1000人調査】

2016.05.31

ファミレスで起こった珍事件たち【ジワジワくると話題の1000人調査】

大好評。1000人調査シリーズ。いまや朝ご飯処、居酒屋代わり、合コンの場……と用途が多様化しているファミレス。いろいろな顔を持つからこそいろいろな珍事も起こるのだ。ネット調査で集まった1000人の実体験エピソードをたっぷりご紹介!

ファミレスで起こった珍事件たち【ジワジワくると話題の1000人調査】

居酒屋<ファミレス飲み

★“軽飲み”処
居酒屋より明るくてキレイ。泥酔して嘔吐したり、喧嘩という場面に遭遇することもほぼないし。それに、自分も深酒しすぎないのもポイント。軽く飲むだけで十分という相手と行くには最高の空間です。(32歳・サービス業)

★お小遣いサラリーマンの味方
大人数で行って飲んでも個別会計ができ、使う金額がコントロールできる。(30歳・事務)

★女一人酒も安心
一人でライブに行き、打ち上げをしたい気分の時はファミレスで一人慰労会。(34歳・飲食)

★桃天国
バーミヤンは、紹興酒や梅酒がグラスで100円!ハッピーアワーなら生ビールも200円! お通しもないから、全体的に安上がり。さらに、移動しないで、〆のラーメンまで食べられる飲ん兵衛パラダイス。(33歳・サービス業事務)

★ママ友飲み会スポット
居酒屋に子連れで行くのは抵抗あり。その点、ファミレスならキッズメニューもあるし、店員も子供に優しく、のんびり飲める。たばこも分煙で安心。最近、幼稚園のママ友飲み会は、もっぱらファミレスです。(33歳・主婦)

★時間に制限なし
365日24時間飲めるところがお気に入り。仕事が終わる時間がまちまちなので、いつでも“おつかれ乾杯”ができるファミレスの存在は、すごくありがたい。(29歳・絵描き)

★サクッと飲み
ファミレスだと一人千円程度で飲めるのが嬉しい。居酒屋のように店員の「もっと頼め」という無言のプレッシャーもなく、気持ちよく安く飲める。(34歳・事務)

Image title

思い出の味

★レッドロブスタ~♪
CMで見る豪華な海老や蟹をたらふく食べたいという夢を親が叶えてくれた。ボイルした海老と蟹の殻がテーブルにあふれるほど食べまくった結果、お会計5万円超え。その日以降、我が家はもやし料理が続いた。もやしを見るとレッドロブスターを思い出す。(38歳・ライター)

★ボンビー高校時代
高校時代、テスト勉強といえばガストだった。山盛りポテトをみんなで分けては、「一人前全部食べたい~」と叫んでいた頃が懐かしい。余裕でオーダーできる経済力になった今、胃の問題で一人前の完食は無理に。(38歳・事務)

★和風ハンバーグLOVE
幼い頃、デニーズは世界一だと思っていた。大人になり、もっと贅沢な食事も知ったけれど、やっぱりあれはやめられない。(30歳・秘書)

★夢を決意した場所
ドリンクバーで飲んだひき立てコーヒーが美味しく、感動したのが中1の時。それがきっかけでバリスタの道を選びました。(31歳・飲食業)

★元気の源
受験に失敗して、落ち込んでいた。そんな時、とくになにを言うわけでもなく、父から誘われて『フレンドリー』という店に行き、一番高いステーキを食べさせてもらった思い出が。いつかお父さんにご馳走したい。(23歳・学生)

★大人の階段
我が家では大きくなった証として幼稚園を卒園すると、ファミレスでマナーを習う日があった。生まれて初めてナイフ&フォークで食事をしたのが『すかいらーく』。ナイフに慣れず、ギーギー皿の音を立てながら、何度もお肉をテーブルに吹っ飛ばしたのが懐かしい。(30歳・保育士)

あの人、気になるわ~

★オカルトレストラン
3人の女性が険しい表情でブツブツ唱えていると思ったら、“コックリさん”をやっていた。なにかが一人に憑依したようで、もがいたり、白目になったりしていて怖すぎた。(22歳・大学生)

★我が家
肌着にトランクスというスタイルで席に座り、ヒゲを剃っているオジサン。最後は、お手ふきで顔を拭いてスッキリしたような表情をしていたけど、ここは家じゃないよ!?(25歳・事務)

★あゆみちゃん
1mサイズの女性の人形(マネキンみたいなリアルなもの)を隣に座らせ、デート風に会話をしながら食事をしている男性がいた。もちろん、人形の分もオーダーし、「食べないの~?」って話しかけていた。そらそうだ。(29歳・運輸)

★ペロちゃん
鉄板皿をペロペロと舐めている30代の女性がいた。そんなに美味しかったのかな、チーズINハンバーグ。(39歳・テレフォンアポインター)

★深掘り
夜のファミレスに、男女3対3に分かれて座る、あきらかに合コンの雰囲気のグループが。しかし、一人の男子が、小指がすっぽり入るほどの勢いで鼻をほじりだし、相手の女子たちはドン引き。男子の中で一番イケメンが鼻くそ野郎だったから、ガックリしただろうな。(30歳・検査員)

★ドンデン返し
大きな花束を抱えたオジサンが店に入ってきたと思ったら、つかつかと中年のウエイトレスさんのところに行き、告白。がしかし、「仕事中なので」とフラれていました。(33歳・会社員)

★結果、サラダ崩壊
サラダバーを30㎝くらい積み上げている人を見ました。倒れないように抜き足差し足状態で席に戻ってきていたけれど、おかわり自由だから小分けにすればいいのに。(26歳・会社員)

★でしょうね
ジュージュー熱々のステーキを手摑みで食べようとして「アチッ、ちくしょう」と叫んでいるおじさん。フォーク使いなって。(38歳・ライター)

Image title

イラスト:五月女ケイ子
文:金子優子
構成:蜷川麻実

VOCE2016年7月号

VOCE2016年7月号
特集 あとちょっと、をどうにかして 夏までに出せるカラダへ「今日から“ヤセ活”はじめよう」
詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/