1. 若帰りのために夜遊び封印!森下悠里の爆ボディ成功術

2015.06.18

若帰りのために夜遊び封印!森下悠里の爆ボディ成功術

異次元のスーパーボディを維持する森下悠里。アラサーだけれど、“現役モテモテ感”が全開。どうしてそんな美しいの? その秘訣とは?

若帰りのために夜遊び封印!森下悠里の爆ボディ成功術
金子 優子
美容ライター
by 金子 優子

ボロンッと水着から溢れ出そうな美乳に、ムチッとハリのある肌を持ちながらも、細くありたいウエストや手足はキュッと締まっている。この理想のボディ、実は、涙ぐましい努力の末につくられたもの。

「29歳くらいから、短期決戦ダイエットではやせなくなり、バストもお尻もタレ始め、本気で危機感を感じました」という森下。それまでの暴飲暴食や夜遊びをやめて、エイジングケアと向き合うようになったという。現在では、自炊をメインに、なるべく12時までには就寝するようにしているとか。

「できるだけラクして痩せたい」と願い森下が今、ハマッているのが、巻くだけの腹筋マシーン。

スレンダートーン ビューティ アブベルト&コントローラー for Woman

スレンダートーン ビューティ アブベルト&コントローラー for Woman ¥19800/ショップジャパン

「テレビや雑誌を見ながら、お腹に巻いておくだけで腹筋が鍛えられる。苦しまずに痩せられる手軽さが大好き」。


さらに、最近はタクシーも封印して、電車移動をしてボディメイキングに挑戦中だという。

ウォーキングのお供は、リーボックのイージートーンだ

「電車移動すれば、歩く分、運動になるし、浮いたタクシー代をエステやクリニック代にまわせていいことだらけ♪」。ウォーキングのお供は、リーボックのイージートーンだ。


このセクシー自撮りショットは、カイロ6枚貼り

そして、このセクシー自撮りショットは、カイロ6枚貼り! 冷えが気になるときには、腰回りに6枚のカイロを貼り、腰を温めているという。実はこれ、冷えてボディの色ツヤが悪くならないようにケアする、グラビア女子の定番ワザなのだとか。


そのほかにも、美容皮膚科医のドクターたちとお茶会を開き、最新の医療美容情報をゲットしたり、ありとあらゆる検診を受けて、体内の老化状況までチェックするなど、できることはとことん! 森下いわく、「24時間、つぎは、どんな手立てで若返りをはかろうかという考えで頭がいっぱい。売れなくてもいいから、若くいたいんです(笑)」とニッコリ♪ さすが美容番長!


photographs: Osamu Yabuta/w,Mamoru Ichikawa、hair&make-up: Tomonori Maruyama/LA DONNA,Hiro Odagiri/LA DONNA、styling: Wada 、text for magazine:Yuko Kaneko、web writing:Yuko Kaneko

金子 優子
金子 優子
VOCE本誌ほか、多くの女性誌で活躍する美容ライター。去年まではインナードライ肌だったのに、今年からド級乾燥肌に。サロンの体験取材なども多くこなす実践派。数多くの美容クリニックに、施術写真が飾られているというウワサも。プライベートでは2歳の女のコママ。