私たちが赤リップをやめられない理由

「最近ようやく似合うようになった」藤田ニコルの憧れ赤リップは【シャネル】

2021.01.30

VOCE2021年3月号 藤田ニコル

「初めて買ったコスメが赤リップ」という藤田ニコルさん。常に更新中という赤リップコレクションの中でも、今のナンバーワンはシャネルでした!

VOCE2021年3月号 藤田ニコル

「初めて買ったコスメが赤リップ」という藤田ニコルさん。常に更新中という赤リップコレクションの中でも、今のナンバーワンはシャネルでした!

塗るだけで美容スイッチ入ります【私たちが赤リップをやめられない理由】

藤田ニコル「オトナの証。つけこなせるようになったとき、赤リップに認められた気がした」

初めて買ったコスメは赤リップ。でもまだ中1だったので、事務所の人に「まだ早い、派手すぎる!」ってめちゃくちゃ怒られた思い出があります。10代の頃は撮影で赤リップを塗っても、なんだかしっくりこなくて、あっちの方が年上というか、“赤リップ先輩!”って感じで(笑)。最近ようやく似合うようになったので、つけこなしてやるぞ!という気持ちで、いろんなタイプを楽しんでるトコロです。

VOCE2021年3月号 藤田ニコル

ぷるんとしたツヤ発色がデートに最適な一本

【CHANEL】

「ツヤッツヤで鮮やかな発色、シャネルならではの上品なパケで女のコのモチベを爆上げしてくれる一本。透け感で軽さが出せるから、初心者さんでもつけやすい」

「シチュエーションでつける赤を選ぶ。赤リップは一番持ってるコスメ」

女友達と遊ぶ日はSNS映えするかなり深めの赤。ノーマルカメラで撮ってもパーンと肌も唇も映えるんです。記者会見ならマットで鮮やかな赤を選んで華やかに。デートにはシアーな赤で唇を可愛くぷるんと! こんな風にシチュエーションごとにハマる赤リップをバリエ豊富にスタンバイ。塗り方も、マット質感や深めの色はリップライナーを使って唇の山をきっちりと、プルプルのシアーな赤ならちょっぴりオーバーに、など一番キレイに見えるようにベストを研究中。

VOCE2021年3月号 藤田ニコル

「赤リップは常に更新中。トキメキ度で招き入れてる(笑)」

同じような赤でもその時々で気分にぴったりハマるものって変わってくるので、赤リップはシーズンごとに更新します。選ぶ基準はパッケージと質感。この両方にトキメキを感じられるかどうかが鍵なんです。どっちか一方だと結局、買っても“なんか違う”になってしまうので、必ず両方をクリアできるものを招き入れてます。あと、SNSのレビューもめっちゃ読みます。コレ!って思えるものに出合えたときは、すごい達成感がありますね。

VOCE2021年3月号 藤田ニコル

撮影/峠雄三(モデル)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/北原果(KiKi inc.) スタイリング/加藤理奈 取材・文/中川知春

Edited by 松本 薫