1. 世界に一つだけ!香水の都で調香体験。海外オーガニック探訪②

2016.06.17

世界に一つだけ!香水の都で調香体験。海外オーガニック探訪②

オーガニックコスメの本場ヨーロッパの最新事情を探るべく、フランスへ行ってきました。現地で見つけたとっておきの情報をレポートしていきます!

世界に一つだけ!香水の都で調香体験。海外オーガニック探訪②

第2回目は、南仏の街・グラース。小さな街でありながら、フランスの香水産業の50%、世界全体の10%の収益を生み出しているため、”香りの街”と呼ばれています。今回は、街で最も古い香水工房「ガリマール」で、香水づくりを体験してきました。

STEP1 性別と香りの方向性を決める

Galimard手前2つの小瓶が香りの方向性となる『基本の香り』。

1.まず、女性・男性・ユニセックスから作りたい香水の性別を決める。
2.全体の方向性を決めるために、9つの『基本の香り』から好きな香りを2つ選ぶ。

STEP2 時間で香りが変化する3つのノート

Galimard教えてくれるのは日本語ペラペラのキリスティ先生。

キリスティ先生「性別と方向性が決まったら、いよいよ調香スタートです。香水は、時間とともに香りがどんどん変化していくように作られます。香りの揮発速度に合わせてベースノート、ミドルノート、トップノートの順にブレンドしていきましょう。」

ベースノート‥‥香水の基礎となる、8時間続く香り。
ミドルノート‥‥香水の個性となる、2時間続く香り。
トップノート‥‥最初の15分だけ香る、軽い香り。

Galimard目盛りのついたメスシリンダーで計りながらブレンド。

3.先生にアドバイスをもらいながら、ベースノートとなる香りを3つ選択。それを順番にブレンドする。

Galimard香試紙を使ってブレンドのバランスをチェック。

4.ブレンドしたベースノートとの相性を確認しながら、ミドルノート、トップノートの順にそれぞれ5つ選んで加える。

アリス「トマトやパイナップルの香りまで、ラインナップは200種類以上!ここから、バランスを考えて5つを選ぶのは至難の業です。迷ったときは即、先生に相談。」

Galimard世界に一つだけの香水、その名も「Alice」が完成。

5.瓶詰めをして、名前のラベルを貼る。2週間寝かせたら完成!

キリスティ先生「出来上がり直後は、香りがまだバラバラなんです。2週間ほど日の当たらない場所で寝かせると、だんだんと混ざって香りが落ち着いてきますよ。」

アリス「トップノートにはレモンやミカンなど柑橘系をアクセントに加えてみました。どんな香りになるのか、出来上がりが楽しみです!」」

Galimard最後に先生から修了証の贈呈。念願の調香師デビュー!

次回は来週金曜日(6月24日)更新。新たなゲストを招いてお送りします。来週もお楽しみに!

Galimard教室と併設の売店ではオリジナル商品を販売。

Galimard(ガリマール)の香水作り体験

体験料金:€45
所要時間:約2時間

※ご予約は下記の電話、またはメールアドレスにてどうぞ(日本語可)。

http://www.galimard.com/

住所:73 route de Cannes , 06131 Grasse
電話予約:+33 (0)4 93 09 20 00
メール:info@galimard.com