1. 背中美人になる!すっきり背中レッスン♡ 【ツイスト&斜めアップのポーズ】

2016.06.20

背中美人になる!すっきり背中レッスン♡ 【ツイスト&斜めアップのポーズ】

洋服でなんとかごまかしているけれど… 、自分だけが知っている、もっさりパーツ。このままでは、夏を迎えられない! 痩せるの? 育てるの? 魅せるカラダへの準備はOK?

背中美人になる!すっきり背中レッスン♡ 【ツイスト&斜めアップのポーズ】

ショーウインドウに映る姿を見る度にげんなりする、背中の丸み。肩甲骨と背骨を意識して動けば、背中美人を目指せる!

山本式・美人背中とは?

・肩甲骨を正しい位置で動かせる
・肋骨を動かす呼吸ができる
・背面のすべての筋肉を意識できる

「もっさり背中の一番の原因は、肩甲骨がハの字を描き、そこから動かせないことです」(山本先生)。肩甲骨は、背骨とほぼ平行の位置にあるのが正常位。そこから外れると、骨格が崩れ、太って見えるという。「肩甲骨、背骨、肋骨まわりの筋肉を伸ばしながら動かすことで、骨格が整い、背中が美しくなります」

ツイストのポーズ

背骨まわり、肩甲骨の間にある筋肉を動かす。胸を開放していくことで、背中を整える。

VOCE7月号,背中ヤセ,

1. 横向きに寝て、ひざと股関節は90度に曲げる。両腕はまっすぐ前に。頭の下にはタオルを。

VOCE7月号,背中ヤセ,

2. 右腕を天井に向かって半円を描くように動かす。右腕が床についたら息を吸ってお腹を膨らませ、ゆっくり吐く。3呼吸程度。

斜めアップのポーズ

立ったときに背面を意識できる身体へ。足裏から頭までの繋がり、筋肉の流れをつくる。

VOCE7月号,背中ヤセ,

うつ伏せに寝て、つま先は床に立てる。額を床につけ、息を吸いながら右腕と左脚をアップ。このとき、お腹、額、右脚で身体をしっかり支えて。反対側と交互に5回繰り返す。

教えてくれたのは

山本邦子,アスレティックトレーナー,A-YOGAクリエイター,

女性のカラダづくりのパイオニア 山本邦子先生
アスレティックトレーナー。A-YOGAクリエイター。動きと人動きと人間形成に着目し、動作から教育を行うA-Yogaを考案。近著は『トップアスリートだけが知っている正しい身体のつくり方』(扶桑社新書)。

撮影:嶋田礼奈
ヘアメイク:paku☆chan/THREE PEACE
スタイリング:滝沢真奈
モデル:石坂友里
取材・文:坂本真理
構成:藤平奈那子

VOCE2016年7月号,表紙,

VOCE2016年7月号
特集 あとちょっと、をどうにかして 夏までに出せるカラダへ「今日から“ヤセ活”はじめよう」
詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/