ビューティニュース

ベスコス選者インタビュー「“VOCEのベストコスメを選ぶ”ということ」

更新日:2020.10.12

VOCEベストコスメの選者は、審査をするときになにを想い、どんな苦労があるのか。普段なかなか聞くことができない選者たちの“舞台裏”を取材しました。

VOCEベストコスメの選者は、審査をするときになにを想い、どんな苦労があるのか。普段なかなか聞くことができない選者たちの“舞台裏”を取材しました。

“日進月歩で進化するコスメの魅力を読者に届けたいという想い”

VOCE8月号,ベスコス選者,インタビュー,ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子

ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子【選者歴 18年】
ヘアメイクをやっていると、いろいろなブランドの新作コスメが一堂に会する撮影現場でまとめてチェックできるというのが特権。28年間、ずっと新作コスメを見ているので、“利きコスメ力”は鍛錬されていて、時にひと目でスター選手を見つけることもあります。けれど、基本的にはどれもハイクオリティなものばかりで、僅差の中から1位を決めるというのは、とても困難を極めます。
さらに、白紙の審査用紙に製品を書くというのは、私たちのセレクト能力も問われるようで、何年経っても緊張感がなくなりません。若い時は、重圧に負けそうになったことも……。それでも続けているのは、コスメがいつまで経っても絶えず進化を遂げているから。想像もしなかった新しい技術に出合った時、選者魂が熱くなり、「この魅力を読者に伝えなければ」と真っ先に思うのです。

キャリア28年。創刊当時からメイクページを数多く担当し、つねに第一線を走り続ける大ベテラン。トレンドを取り入れながら、幸福感を感じるようなハッピーメイクを発信し、多くの読者から支持されている。雑誌や広告、イベントなど、多方面で活躍。

“VOCEにしかできない、時代の指針となるベスコスを目指して”

VOCE8月号,ベスコス選者,インタビュー,美容ジャーナリスト 近藤須雅子

美容ジャーナリスト 近藤須雅子【選者歴 18年】
ベストコスメの審査の際は、読者の方々の年齢や肌質、化粧品予算などをもとに、商品の品質や価格、パッケージデザイン、さらに手に入れやすさなどを考慮するのは当然。そのうえで権威ある美容専門誌VOCEとして、ビューティ界の次のトレンドを生む新鮮なコンセプトや最新のテクノロジーに取り組んだコスメは、積極的に評価し、加点しています。これは美容通の読者と一緒に、新しい試みを応援したいという気持ちからです。とはいえ、最大の選考ポイントは、使用感や使い勝手。そのため顔を分割して複数の製品を同時に使う“顔面トーナメント”をよく行います。こうすると大量の新製品も効率よく試せるし、特徴や弱点を比較して、より正確に把握できるんです。自分の好みや肌質は当然、二の次。トーナメントを繰り返し、読者にふさわしい1品を絞り込んでいます。

創刊時より編集者としてVOCEに携わり、30年近く美容業界の最前線で活躍。多くの媒体の美容記事を執筆し、とくにスキンケアに関する知識には定評あり。化粧品の本質を見抜く審美眼で“美容業界の番長”との異名も。

“医学的な見地に基づいて、コスメの機能性を分析する”

VOCE8月号,ベスコス選者,インタビュー,形成外科医 草野貴子

形成外科医 草野貴子【選者歴 7年】
選者のお話をいただいた時は、嬉しい反面、責任感が重たくのしかかってきました。それは、自分自身が一読者としてVOCEのベスコス受賞作をよく購入していたから。この先、私の一票に対して、肌を託す人がいるかもしれないと思うと、コスメともっと真摯に向き合わなければという気持ちになりました。選者として大切にしているのは、中立な立場を取るため、広告などプロモーションで化粧品の魅力を測らないこと。新知見や機能性などが書かれたリリースを熟読し、皮膚科医としての目線で製品をよく理解した上で、ベスコスメを選び出しています。
実は、私たち選者もVOCEが発売になるまでは、受賞作を知ることはできません。自分がベストコスメとして選んだものが、ほかの選者はどう評価したのか、不安と期待が混ざったような複雑な心境で発表を待っています。

「松倉 HEBE DAIKANYAMA」院長。コスメをこよなく愛し、高額ものからプチプラまで幅広く試すマニアとしても有名。本誌をはじめ、女性誌やウェブサイトなどで紹介する愛用コスメが注目を集める“ビューティアイコン”的存在。

撮影;恩田亮一、伊藤泰寛、柏原力、浜村達也
イラスト:栗生ゑゐこ
取材・文:金子優子
構成:芦田夏子、与儀昇平

VOCE2016年8月号,表紙,ベストコスメ,

VOCE2016年8月号
特集 「VOCEにしかできない! VOCEでしか読めない! 信じるべきはVOCEベストコスメ」詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/

Edited by 芦田 夏子

公開日:2016.06.24