グロリアス星子のタロットカード占い説話

死神のカードが出たら「終わり」と「新たな始まり」のサイン。生まれ変わるための第一歩です

2021.02.05

VOCEの新占いサイト「グロリアス星子のラッキータロット占い」ほか、女性誌で大人気の占い師・グロリアス星子さんのタロット講座連載がはじまりました。隔週金曜日、22枚のタロットカードが示す意味を解説してもらいます。第14回は「THE DEATH」(死神)のカードです。

VOCEの新占いサイト「グロリアス星子のラッキータロット占い」ほか、女性誌で大人気の占い師・グロリアス星子さんのタロット講座連載がはじまりました。隔週金曜日、22枚のタロットカードが示す意味を解説してもらいます。第14回は「THE DEATH」(死神)のカードです。

No.13 THE DEATH(死神)
「終わり」と「新たな始まり」を予感。幕を引くことで新たな自分を誕生させます

「死神」のカードはタロットの13番目です。
絵柄を見てみると、大きなカマを持った骸骨が描かれています。タロットには他にもいろんな種類がありますが、「死神」のカードはほとんどの場合、この骸骨の図柄なのです。

このカードが出ると誰でもドキッとしますよね。なんだか不吉な予言のようで、もう一度カードを引き直したくもなります。でも、このカードは必ずしも悪い意味ばかりではありません

骸骨になってしまうと、人物が特定できませんよね。姿形がどんなだったか、男性なのか女性なのかもわかりません。そこにこのカードの解釈のヒントがあるわけです。死んでしまえば、その人の容姿や人柄、身分、能力といったことはどうでもいいことです。みんな同じ骸骨になるだけ。
つまり今、自分が占おうとしている多くの問題は、気にするに値しないこと、ちっぽけな問題であることをこのカードは示しています

そして人物が特定できないということは、何者にも変われることを意味します。このカードが出たら、むしろなりたい自分に変わるチャンスであると、解釈することもできるのです。

「死」は「終わり」を意味しますが、終わりがあるから新しく生まれ変わることができます。そうだとしたら、いつまでも悩んでいないで、いったん自分の手で幕を引くことも大切だよと、このカードは伝えているのです。そう解釈すると、「終わる」ことへの恐怖心も薄れるのではないでしょうか。

「死神」のカードの印象もだいぶ変わってきたところで、具体的に占ってみましょう。

もし恋について占ったときにこのカードが出たらどうですか? 今の恋愛関係をいったん終わらせたほうが、新しい出会いがくるような予感がしませんか? 関係がもつれてしまっているなら、いったん別れて気持ちをリセットすることも必要だと、別れを前向きに受け止めることができると思います。

仕事について占っているときに、このカードが出たらどうでしょう。今の職場を思い切ってやめて、新しい環境に飛び込んだほうがいいという解釈もできそうですね。「今の仕事や職場はあなたに向いていないよ」と、ズバリ、カードが教えてくれていることもありそう。

人間関係でこのカードが出たら、「プラスにならならいくされ縁は切ってよし!」というお告げかもしれません。いや、「不要な人間関係なんだから自動的にこちらで切るよ」という有無を言わせぬ運命的な通達ということも

こうして見ていくと、「死神」のカードを引いたら、なんだか背中を押されているような気持ちになりませんか。このカードはそういう解釈をしたときに、占う人が現状から抜け出すための決断をうながすカードになります。そしてそれは、新しい自分に生まれ変わるための第一歩へと導く最強のカードとなるのです。

その他21枚のカードはこちらでチェック▼

グロリアス星子

文/グロリアス星子 イラスト/サクマラン

Edited by VOCE編集部