1. 間違うと3歳年を取る!? “夏老け”しないためのスキンケアQ&A

2016.06.30

間違うと3歳年を取る!? “夏老け”しないためのスキンケアQ&A

本格的な暑さがいよいよスタート。でも、夏を過ぎると肌年齢が上がってしまうという事実が! その予防策や対処法を今すぐマスターして♪

間違うと3歳年を取る!? “夏老け”しないためのスキンケアQ&A

Q. 夏に肌は老けるの?

A. 老けます!(安倍さん、小林さん)

Q. 夏の肌老け、どんな症状が出る?

A. まるで“かかと”状態に

VOCE8月号,肌年齢,夏老け,スキンケアQ&A,

「肌の乾燥がひどく、かかとのように不要な角質がたまってガサガサになってしまうのがおもな症状。汗や皮脂によって見た目は潤っているようですが、実際はカラカラに乾いています」(小林さん)

A2. シワや法令線、くすみも
「乾燥のほか、シワっぽくなります。人によっては、法令線が深くなったり、肌がくすんだりという症状が出ることも」(多田さん)

Q. ひと夏で、どれくらい老けちゃう?

A. MAX3歳!
「エイジングが加速する実感が高いのは確か。でも、きちんとケアしているかどうかに影響されるので人それぞれ」(安倍さん)「一気に、2~3歳は老けてしまう可能性もあると思います」(慶田先生)

A2. わずか一日で老ける危険も

VOCE8月号,肌年齢,夏老け,スキンケアQ&A,

「夏肌は夕方にかけて弾力が低下しがち。朝と夕方の肌をシミュレーションすると、プラス3~4歳くらいの印象の顔に」(多田さん)

VOCE8月号,肌年齢,夏老け,スキンケアQ&A,

朝から夕方にかけての顔の変化をシミュレーション。法令線が深くなり頰がゆるんで下がっている。真皮の弾力も夕方には約12%↓。資料提供:ポーラ

Q. 冷夏や曇ってばかりの夏だったら、夏老けはしにくい?

A. 油断禁物です
「曇りの日でも晴れの日の7割、雨の日でも3割の紫外線が。平均的な日本人の場合、計算上は一日あたり11分浴びただけでも20歳になるとシミができます」(慶田先生)
「夏は紫外線が強く、冷夏や曇ってばかりでも紫外線はやはり強め。また、暑さのレベルのほか期間の問題も。残暑が長引くと、体も肌もバテますね」(多田さん)

Q. 夏に肌が老ける原因はなに?

A. たくさん! 過酷なんです!(全員)

・紫外線
・不快な高温多湿によるダメージやストレス
・汗の刺激
・酸化した皮脂
・エアコン、扇風機の風による乾燥
・さっぱり志向による保湿不足
・麺類ばかりなど偏食がまねく栄養不足
・熱帯夜による睡眠時間の短さや質の低下
・冷房による体の冷え
など

VOCE8月号,肌年齢,夏老け,スキンケアQ&A,

6時間より3時間睡眠の人のほうが“肌状態が悪い”と実感。資料提供:ポーラ

お話を伺った方々

●銀座ケイスキンクリニック 慶田朋子先生
皮膚科専門医、医学博士。医学的視点から“夏老け”を分析し、生活面も含めた効果的なアプローチをていねいに指南。

美容家 小林ひろ美さん
美・ファイン研究所代表。オリジナルのテクニックを提案。誰でもできる手軽さやその確かな効果にファン多し

●美容エディター 安倍佐和子さん
雑誌、テレビ、イベントなどで若々しい肌の秘訣を披露。サーフィンやテニスなどアウトドア派なのに美肌をキープ。

●ポーラ 多田明弘さん
肌科学研究部 肌分析研究室長。夏ならではの過酷な環境や肌の状態を知り尽くし、最適なスキンケアをアドバイス。

撮影:柏原力、amanaimages
モデル:小林花織(VOCEST!)
取材・文:大貫未記、松下侑衣花
構成:中田優子

VOCE2016年8月号

VOCE2016年8月号
特集 「VOCEにしかできない! VOCEでしか読めない! 信じるべきはVOCEベストコスメ」詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/