1. あぁ、困った~。な時の オフィスで使える気の利くヒトコト! スマート切り抜けフレーズ

2016.07.08

あぁ、困った~。な時の オフィスで使える気の利くヒトコト! スマート切り抜けフレーズ

オフィス生活には思わず返答に困るシーンがごまんとあるもの。でもどんなときも、気まずくならず、相手をサラリと撃退もできる、気の利いたヒトコトというのはあるんです! 丸暗記しておくと人生がいろいろラクになるはず!!

あぁ、困った~。な時の
オフィスで使える気の利くヒトコト!
スマート切り抜けフレーズ

「大人力検定」著者・石原壮一郎さんに聞いた
“うわ~、困った”な時のスマート切り抜け術とは?

Image title

Q1.シャイな上司で、ミーティングのときに手が震えている。毎回どうフォローしたらいいか考える。(33歳・放送局)

「そのネクタイ素敵ですね」

【POINT】「大丈夫ですよ」とフォローするほど深みにハマるもの。こういうときは関係ないことを振って気をそらしてあげて。少なくとも手の震えは止まるでしょう。

Image title

Q2.仕事で接点のない偉い人と二人きりになり、「最近どう?」と漠然とした振りをされたとき。どう返すのがスマート?(28歳・メーカー)

「おかげさまで楽しく仕事しています。常務は最近いかがですか?」

【POINT】相手も本気で近況を知りたいわけではないので、生真面目に答えると引かれるかもしれません。ここは逆に聞き返して相手に話させてしまうのが、ラクだしスマートです。

★超変化球!!★

「γ―GTPの値が心配で……」

【POINT】相手が年配なら健康ネタはオススメ。「わたしもねえ~この間の検診で……」と乗ってくるはずです。

Image title

Q3.上司がコードに引っかかって転んでしまったとき。(30歳・金融)

「けしからんコードですね!! 私がよく言っておきます!」

【POINT】「大丈夫ですか」と言うのも、見ないフリをするのも気まずい。ここはユーモアで切り抜けましょう。

★超変化球!★

「あっ、大丈夫ですか!? コードは……」

【POINT】上司との関係性によっては、これぐらいボケて笑いに変えてしまうのも手です!

Image title

Q4.全然面白くないダジャレを連発するおじさんへの返し方を教えてください。(33歳・建設)

「面白いダジャレをありがとうございます」

【POINT】マジメに感謝されると言う気をなくします。ただおじさんのダジャレは、交流を図りたい健気な気持ちから発しているもの。そんなに邪見しないであげて。

Image title

Q5.上司に見積もりをお願いすると、いつも「今忙しいんだよねー」と忙しぶられる。どう反応すべき?(27歳・事務)

「お忙しいのは重々承知しているんですけど、1分だけいいですか?」

【POINT】こういう人は忙しぶりたいだけ。だから「お忙しいでしょうが……」と先手を打ち、「1分」と貴重さも出してあげればプライドが満たされ対応するでしょう。

Image title

Q6.偉い人に、自分についてどう思ってるか聞かれたとき。何と答えればいい?(30歳・銀行)

「○○さんあってのうちの会社だと思います、と言っても過言ではないくらいだと思っています」

【POINT】もはや褒めているのか何なのかよく分からない回答で返しましょう。こんなことを聞いてくる人は基本、困った人なので、マジメに答える必要はないのです。

★超変化球!★

「西田敏之に似ていると思います」

【POINT】どう思われてもいい相手なら、質問の意図を履き違えたフリして、こうすっ惚けるのもあり。

Image title

Q7.「休みの日は何してるの?」への気の利いた返答って?(27歳・営業)

「今、『ゴルゴ13』を1巻から読み直してまして……」

【POINT】この質問は、「最近何にハマッているの?」というコミュニケーションの一環と捉えて答えましょう。さらに「アナタはどう?」と聞き返してあげると会話が膨らみます。

Image title

Q8.とにかく断り方! 飲み会、そして社員旅行……。(30歳・映像)

「今日に限って……!! 私は、本当に間の悪い人間です……」

【POINT】ここまで言うと相手も「いやいや、そこまで……」となって、もはや気を悪くはしないでしょう。「よんどころない事情で」と聞き慣れない言葉で煙に巻くのもオススメです。

Image title

Q9.接客業ですが、最初から怒りぎみなお客さんを気分よくさせる方法を知りたい。(30歳・通信)

「お客さんのようにいろいろ言ってくださる方が一番ありがたいんです」

【POINT】こういう人は自分が迷惑な客と心の片隅では分かっているので、認めているようなことを言うといいかも。ただしビビりながら言うと図に乗るので、元気にかぶせる気味に言うことです!

Image title

Q10.「お疲れさま」は目上の人に対して言うのは失礼だと上司から言われました。分かっているが、ではそういったシーンのとき何と言ったらいいのでしょうか?(31歳・銀行)

「ええっ、じゃあ何と言ったらいいんですか!? 教えてください!」

【POINT】「お疲れ様」でもちろんOKですが、もし注意されたら上記のように言ってみて。相手も変わる言葉は出ないはずなので、再び注意してくることはないでしょう。

石原壮一郎さんのSMART POINTまとめ!

Image title

勇気ある返しは無数の効果を生みます!!
「人は波風を立てたくなくて相手の困ったひと言にも黙りがちですが、ここで勇気ある“返し”をすると見直してもらえます。ただ、コミュニケーションを取りたいがゆえのおじさんのくだらないひと言は、そんなにウザがらないでもらえればと……。(石原氏談)」

コラムニスト石原壮一郎さん

Image title

1963年生まれ。三重県出身。雑誌編集者を経て『大人力養成講座』(文芸春秋)、『大人の女養成講座』(扶桑社)など大人をテーマにした著書を多数発表。近著に『日本人の人生相談』(ワニブックス)など。

撮影:大門徹 
文:山本奈緒子
編集:芦田夏子