1. 3割の女性が無関心か嫌悪!? セックスを気持ち悪いと思っちゃうその原因とは

2016.07.01

3割の女性が無関心か嫌悪!? セックスを気持ち悪いと思っちゃうその原因とは

なかなか人に相談できない「ラブ系」の悩みをすべて解決してくれる電子書籍が発売! 聞けないからこそ知りたい他の人のラブ悩みや事情がわかるその本から、セックスに嫌悪感や気持ち悪さを感じる原因を見てみましょう。

3割の女性が無関心か嫌悪!? セックスを気持ち悪いと思っちゃうその原因とは

セックス嫌いの女性が増えている!?

2012年3月の女性誌記事「私のセックス、これでいいの? 不安&お悩み相談室」のアンケート調査では、セックスレスのカップルが4割を超えているというデータが出ています。積極的になれない原因として挙がっているのは「仕事で疲れている」「セックスより楽しいことがある」「面倒くさい」「その気になれない」など。中でも20代後半の女性のうち、「セックスに関心が無く、むしろ嫌悪している」と答えた人が3割も存在! しかもこのような女性が年々少しずつふえていっているのだとか。

女性がセックスを嫌悪する2大原因

日本人女性がセックスを嫌悪する原因の一つとして、日本では大人になるまで、セックスをタブー視する風潮がまだまだ根強いということがあげられます。
小さい頃は、ドラマのエッチなシーンがはじまるとチャンネルを変えられたり、両親が仲良くキスするところさえ見たことがないなんて人は多いのでは。そんな人たちが、いざ大人になったとたん「セックス=素晴らしい物」なんて簡単に切り替えられるのでしょうか!? 特に親や先生の言うことを素直に聞いてきた真面目な優等生タイプの人ほど、その切り替えがスムーズにいかない傾向にあるようです。

セックスを楽しめない、嫌悪感がある、自分が不感症だと思い込んでいる女性の場合は「経験値の少なさ」がその原因の場合が多いよう。初体験の時の幼稚で乱暴なセックスがトラウマになったり、パートナーの心無い言葉で傷ついたり、本当は気持ちいいはずの行為にネガティブなイメージを抱かせるのは、自分だけではなくパートナーである男性の影響も非常に大きいのです。

Image title

セックスは気持ちいい♥と思えるために

ネガティブなイメージを持ってしまったセックスを気持ちいいものに変えていくには、気持ちいいセックスを積み重ねてイメージを塗り替えていくことです。初めはグロテスクだと思っていた相手のモノが、見慣れるうちに愛おしいものに変わっていくのと同じように。 

セックスしたくないなら無理にしなくてもいい。ただ、誰かともっと親密な関係を築きたいと思った時は、ネガティブなイメージを塗り替えるような、愛し、愛される「気持ちいいセックス」が体験できるチャンス。思い切って一歩を踏み出して、だって本当は「セックスは気持ちいい」から。

Image title

電子書籍なので、インターネットからダウンロードするだけ。
Amazon楽天kobo紀伊国屋書店などで好評配信中。

■『完全マニュアル セックスの間違い100答』 
http://news.kodansha.co.jp/20160701_b02/