1. 「すっぴんが、ハリセンボンと中村アンくらい…」【旅の思い出1000人調査】

2016.07.06

「すっぴんが、ハリセンボンと中村アンくらい…」【旅の思い出1000人調査】

大好評。1000人調査シリーズ。旅行では、ついテンションが急上昇↑  ハメを外して大怪我をしたり、虫を食べるような食事に出合うなど、1000人の愉快な旅行記をお届け。ネット調査で集まった1000人の実体験エピソードをたっぷりご紹介します!

「すっぴんが、ハリセンボンと中村アンくらい…」【旅の思い出1000人調査】

裸のつきあいってやつ

★裸de「お世話になっております」
“よく行く取引先のお茶を出してくれる女性”という微妙な知り合いに、大浴場で遭遇。仲良くもないのに、全裸を見せることになってしまい、すごく気まずかった。(25歳・会社員)

★ポコッポコポコ
ジェットバスの中で、どさくさに紛れて屁をこきました。しかし、出た瞬間にジェットバスがピタッと止まってしまい、一緒に入っていた友達の視線が気泡に集中。しかも激臭だったため、「牛糞!」とか「ボットン」とか散々言われた。(28歳・受付)

★初日の出来事
修学旅行の夜、恥ずかしくて体をタオルで隠しながら大浴場に入っていった。がしかし、トリートメントのヌメリで思い切り足が滑った。必死でタオルを押さえていたため、とっさに手を出せず、バランスを崩して脚が前後に180度オープン。股関節を痛めてしまい、病院に搬送された。一生懸命隠していたのに、けっきょく救急隊員の男性に素っ裸を見られることに。(28歳・商社営業)

★温度差
メガネをかけずに脱衣所のトイレへ行ったら、スタッフの休憩所だった。(33歳・事務)

★ぽっこり
湯にお腹を浮かせて遊んでいたら、見知らぬお婆ちゃんに「何ヵ月かな? もう8ヵ月くらい?」と言われた。あと2ヵ月で子供が生まれるレベルに腹が出ていたとは……。(32歳・会社員)

★人気のない温泉で
男湯にいる夫に、「この土地に来たら、夕飯は寿司かな。でも高すぎるのも困るし、いい店ないかな~」と叫んだ。すると、返答なし。「無視しないでよ」とキレぎみに言ったら、「○○寿司というお店が地元で人気です」と知らない人の声が。なんと、夫はまだお風呂に入っておらず、ほかの男性に回答させてしまった。(35歳・事務)

★鯉と混浴
いくつも露天風呂がある大浴場に行った。すべてを満喫しようと片っぱしから巡っていたら、うっかり普通の池に入ってしまった。水風呂じゃなかったのね。(36歳・登山アドバイザー)

★大砲
サウナに誰もいなかったので、横になり堂々と片脚を上げながらブーッとオナラ。すると、奥の暗いところからニュッとオバチャンが出てきて、嫌な顔をしながら出て行った。暗い照明の広いサウナは、死角があるのでご注意を!(30歳・秘書)

★消えたアン
一緒にお風呂に行った同僚のすっぴんがあまりに普段と違い、目の前でその子を捜してしまった。ハリセンボンの痩せているほうと中村アンくらいの差だったもので……。(26歳・マッサージ師)

★若気のいたり
温泉のまわりにあった雪に飛び込んだ。その瞬間、心臓が苦しくなり、意識が朦朧としてきて、気づいた時には病院だった。(35歳・飲食)

★マッチョ男
青森の巨大混浴風呂へ。地元東京から遠く離れているということもあって、勇気を出して入ってみることに。すると、12年前につきあっていた元彼と、まさかの再会。しかも、タオルを巻いての入浴は禁止されていたため、あきらかに昔とは違いゆるゆるになったボディラインを見られてしまった。後日届いた「昔と全然変わらないね」というメールに悪意を感じました。(32歳・派遣販売)

★大人の証
初めてちゃんとしたブラジャーをつけたのが、中学の修学旅行当日だった。同級生にスポーツブラを卒業したことを見せつけたかったのに、ぶっつけ本番だったのでうまく装着できず、学級委員長につけてもらった思い出が。(38歳・販売)

★シャワー爆弾
86歳の祖母と一緒に温泉へ。隣に座って体を洗っていたのだが、洗い流す時に祖母が立ち上がった。とはいえ、隣の人との間には仕切りがあり、水がかかる感じでもなかったので放っておいた。が、これがマズかった……。股間を洗う時に、立ったまま手前からシャワーを当てたため、背後の洗い場にいた人たちが、祖母の股間を洗った水を思い切り浴びる事態に。みんな悲鳴を上げながら逃げていった。(34歳・会社員)

★女子力急降下
彼氏との初旅行中、ムダ毛の処理をお風呂でササッとやろうと思った。けど、アメニティを使ったのが失敗。カミソリ負けが激しく、Vゾーンと乳首まわり、スネに赤い斑点が出てしまい、ムードのかけらもなくなってしまった。(35歳・会社員)

イラスト:五月女ケイ子
文:金子優子
構成:蜷川麻実

VOCE2016年8月号

VOCE2016年8月号
特集 「VOCEにしかできない! VOCEでしか読めない! 信じるべきはVOCEベストコスメ」詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/