1. フランスのお城を訪問!ハーブ農園で収穫体験

2016.07.15

フランスのお城を訪問!ハーブ農園で収穫体験

オーガニックコスメの本場ヨーロッパの最新事情を探るべく、フランスへ行ってきました。現地で見つけたとっておきの情報をレポートしていきます!

フランスのお城を訪問!ハーブ農園で収穫体験

第5回目は、アロマ農園を訪問。フランス西南部にある農園「シャトー・デ・ラ・セラ」では、年間を通してハーブの収穫など様々な体験イベントを実施中。今年の5月に訪れたときの様子をお届けします。

シャトー・デ・ラ・セラ美しいフランスの田舎町に到着!

農園があるのは、フランスとスペインの国境近くの街トゥールーズから、車で30分ほどの所にある田舎町。到着してすぐ、目の前に飛び込んできた景色に感動!南西部の暖かい気候と、のどかな田園風景の続く風景は田舎町ならでは。

Point 1. お城の農園で植物を育てている

シャトー・デ・ラ・セラアロマ園がある15世紀のお城

見学できる農園は、なんとお城の敷地内にあるんです。こちらのお城はなんでも王族が使用していたとのことで、現在も住居として引き継がれています。お城で育てられた花だなんて、それだけでロマンチック!

Point 2. 収穫を体験できる

シャトー・デ・ラ・セラ私の訪れた5月のラベンダー畑。開花は7月頃。

総面積18ヘクタールにも及ぶ広大な農園では、ラベンダー、パステル、タイムなど様々なハーブ系の植物を育てています。それぞれの収穫時期に合わせて訪問すれば、収穫を体験することも可能。また、6、7月ならラベンダーが見頃。農園一面に咲く姿を見られるでしょう。

Point 3. パステル染めを体験できる

シャトー・デ・ラ・セラ案内人は技術マネージャーのジョンさん。

農園のすぐ隣には蒸留所があり、収穫した植物を加工できるようになっています。写真中央の大きな釜が蒸留機。植物からオイルや染料を取り出すときに使用します。また事前に申し込めば、ここで加工して作られた染料を使い、スカーフやTシャツを染める“パステル染め”を体験することも可能です。

Point 4. 工場見学もできる

シャトー・デ・ラ・セラ併設の工場では製造や品質管理を行う。

同じ敷地内にある工場では、アロマ製品やオーガニックコスメの製造を行っています。ここでは、世界中から集められた植物原料を加工する様子や、出来た製品をひとつひとつ瓶詰めにする様子を見学することが可能。植物を育てるところから製品になるところまでを一度に見ることができる施設は、フランス国内にもなかなかない貴重なところなんです。

Point 5. オリジナル製品をゲットできる

シャトー・デ・ラ・セラ自社ブランド「Ad Naturam」の精油やオイル。

もちろん、オリジナルの製品を購入することも可能です。摘み立ての植物でつくるからとても新鮮!頂いたラベンダーの化粧水は、花の香りの中に草木の青っぽさもかすかに感じられました。製品はどれもオーガニック原料ににこだわって作られたものばかり。 エッセンシャルオイルなど150種類ほどのアイテムを扱っています。

夏は満開のパステル畑が見られるチャンスです。夏休みの予定がまだという方、フランスの田舎町でゆったり過ごすというのも素敵ですよ。

次回は来週金曜日(7月22日)更新。新たなゲストを招いてお送りします。来週もお楽しみに!

ラベンダー

Château de la Serre
15世紀から続く城ラ・セール内にオーガニックラベンダーを始めとした畑や蒸留場、アトリエなどを併設。また城内には、植物原料の加工や、世界中から集まる植物原料の販売、化粧品の製造等を行うシリウス社の本社があり、それぞれの工程を見学する事ができます。

住所:Route de la Serre – Château de la Serre, 81580 Cambounet sur le Sor
電話:(+33)5 32 09 11 74
メール:contact@sirius-bio.com

ラベンダー収穫体験
期間:7月頃
パステル収穫体験
期間:7-8月頃

パステル蒸留のワークショップ:1人12ユーロ
体験は8人から参加可能