1. キスが上手い人は知っている!? スゴイと思わせる口の中の性感帯とテクニック

2016.07.12

キスが上手い人は知っている!? スゴイと思わせる口の中の性感帯とテクニック

なかなか人に相談できない「ラブ系」の悩みをすべて解決してくれる電子書籍が発売! 聞けないからこそ知りたい他の人のラブ悩みや事情がわかるその本から、キスが上手くなるために知っておきたい、口の中の性感帯について勉強しましょう。

キスが上手い人は知っている!? スゴイと思わせる口の中の性感帯とテクニック

経験だけじゃなかった! 本当にある、口内性感帯

キスが上手、下手なんて簡単にいうけれど「それって単なる経験値や好みの違いなんじゃない?? 」と思うのは大きな間違い。実は口の中にも性感帯があるんです。恋愛上手な女子なら確実に押さえておきたいポイント「キス」。腕に覚えがある人も、ない人も、あそこかな!?と考えながら、百戦錬磨の彼をも虜にできるテクニックを学びましょう。

快感を感じる2つのポイント

キスしている時にむやみに舌をからませているだけでは、あまり快感は得られません。でも、性感ポイントを意識してキスするだけで、確実にもっと気持ち良くなれるのです。代表的な口の中の性感帯は以下の二つ

・上あごのザラザラした部分
・舌の付け根の下側部分

上あごのザラザラした部分は、ソフトに刺激するほど感じるので、舌先でそっとなめて。舌の付け根裏は、相手の舌の下に自分の下をすべり込ませて力まずに舌先を軽く動かします。他にも人によっては歯茎が感じるという人もいるようです。

Image title

舌を相手の口に出し入れさせるインサート・キスは、直接的にエッチを連想させる官能的なこと。特に舌は女性が挿入感を味わえる唯一の器官。舌を入れたり出したりすることで、挿入感を得て自分自身のキモチが高まって積極的になれるはず。

キス上手の本当のところ……

口の中の性感ポイントは、考えていたところと一致してましたか!?
「キスが上手かったら経験が多いと思われそうで嫌」とか「なれてると思われて嫌われそう……」と心配する方もいると思いますが、知っているのと知らないのでは大違い。“初々しさ”をだすためにキス下手を装ったり、“簡単じゃない女”を上手なキスで演出してみたり、相手によってその手腕を披露するタイミングを変えることこそが、最大のテクニックなのだから。

Image title

電子書籍なので、インターネットからダウンロードするだけ。
Amazon楽天kobo紀伊国屋書店などで好評配信中。

■『完全マニュアル セックスの間違い100答』 
http://news.kodansha.co.jp/20160701_b02/