1. 神崎恵さん×名越康文先生に聞く!「男って、どうしてこうなるの?」男子脳Q&A10問

2016.07.14

神崎恵さん×名越康文先生に聞く!「男って、どうしてこうなるの?」男子脳Q&A10問

VOCEのホームページに寄せられた読者のお悩みを、恵隊長と名越先生がズバリ解決。男子に対するモヤモヤはこれを読んで吹き飛ばそう!

神崎恵さん×名越康文先生に聞く!「男って、どうしてこうなるの?」男子脳Q&A10問

Q1. 「オレは貧乳の方が好き」って言うクセに、好きな芸能人はみな巨乳。納得いかないんですけど。

A. その発言はカレの優しさかも。でも 「巨乳じゃなきゃダメ」というワケではないのが、男ゴコロの難しいところ。

名越先生「このカレの場合、貧乳の方がとワザワザ言う時点で怪しいというか、実は胸に対するこだわりがあるのがわかりますね(笑)。ただ、巨乳じゃなきゃ絶対ダメなのではなく、ほかの魅力でも十分に補完はできるので安心して」

Q2. せっかくのデート中に、ずっとLINEしててムカつく!

A. いきなり怒ってもポカンとされるだけ。上手に伝えて。

Image title

恵隊長「これは脳というより、マナーの問題ですよね。我慢すべきではないけど、いきなりキレても相手には伝わらないので、『私はそういうのは傷つくのでやめてほしい』と冷静に伝えましょう。またこの件に限らず、付き合っていくうえで、我慢できること、できないことの“すり合わせ”をするのってすごく大事」

Q3. 付き合った相手が全員、ダメ男に変身するんです。

A. キツイ言い方かもしれないけど、アナタ自身がそうさせてるのかも。

名越先生「仕事ができて性格も容姿もいい。そんな高スペックな女性に意外と多いのがこのタイプ。男性ってね、世話をしすぎるとどんどんダメになる。母親になんでもやってもらっていたころに退行しちゃう。だから『自分でやった方が早い』と思わずに、フリでもいいから彼にも頼る、やらせる。面倒でもこれが重要なんです」

Q4. 彼に「寂しい」って泣きながら伝えたら、「で、具体的に何してほしいワケ?」と……。冷たすぎる!

A. 男と女では脳の造りが違うから、ダイレクトに言わないと気づかないかも。

Image title

恵隊長「どんなに仲のよいカップルであっても、感情を完璧に共有するのは不可能。男と女では回路が違うのだから、なぜ寂しいのか、そのことで自分はどうしてほしいのかを、具体的に伝えましょう」

Q5. 別れ話もせずいきなり音信不通に。どうして!?

A. これは男性がどうのというより、ケータイ世代の弊害なのです。

名越先生「今の世の中は、簡単に繋がれる代わりに関係も簡単に切れてしまいます。おまけに男性は面倒くさいことが苦手だから、その傾向がより強い。これを回避するには最初から付き合い方を意識して、自分の考え方を言葉や態度で怖がらずに伝え合っておくしかないんです」

Q6. 仕事ばかりで全然構ってくれない彼。ちょっとスネたら呆れられちゃった……

A. 男性は社会の中でしか生きられない。だからある程度は許してあげましょう。

名越先生「女性は生物的に、個対個の繋がりを築くのがうまい。だけど男性は、社会の中で役割や立場を得ないと自分を確認できない生き物。もちろん個人差はあるけど仕事あっての自分、そして恋愛なのです。だから『私と仕事どっちが大事?』なんて聞くのは良い問いかけとは言えません。別物と考えて許すのが賢明」

Q7. あざとい女にデレデレしてばかみたい!

A. わかってても本能的にデレデレしてしまうのが男の性。

Image title

名越先生「男性って女性を見るとき『同性からも好かれてるか』という点を意外なほど気にしない。セクシーだったり美人だったり、本能的に惹かれる要素を重視する。だからあざとい女性にデレデレしちゃう。ただ、真剣に相手を選ぶ際にはまた違う視点で考えるので、ただあざといだけのアピールではダメなのも事実」

Q8. 私のほうが収入が上になった途端、スネ出した。

A. 男性はプライドの高い生き物。めんどうかも知れないけど、常に立てるが円満の秘訣。

恵隊長「大切なのは、『あなたがいてくれたから私、頑張れたの』と彼のおかげであることを強調すること。そして自分の成功はなるべくアピールせず、彼をとにかく褒めまくる! スネるのは自信喪失の現れ。失われた自信が回復すれば、機嫌もすぐに直るのだから」

Q9. 服やメイクがダサい女の方がモテるのはなぜ?

A. ほとんどの男性はセンスに自信がない。だから、“ちょいダサ”が一番モテる!

名越先生「たぶん90%以上の男性はファッションセンスにコンプレックスを持っているし、プライドが高いからあまりにもオシャレな女性には気後れしてしまうんです。また、ゴテゴテした服にも引いてしまう。ダサいというよりシンプルが一番のモテ服」

Q10. 流行のカラーマスカラ。「まつげピンクだけど大丈夫?」なんて言わないで(涙)。

A. 男性はそもそもコンサバ。それを念頭においたメイクを。

恵隊長「一番やっちゃいけないのが『流行ってるのに知らないの?』なんてバカにすること。男性って本当に傷つきやすいし、そもそもメイクの流行りなんて理解できないのだから。この場合は『じゃあどんなのが似合うと思う?』と可愛く切り返すのが正解」

Image title

●精神科医 名越康文先生
明快かつ説得力ある語り口で、TVや雑誌でも大活躍。男女の心の違いとモテの仕組みを鋭く解説した「女はギャップ!」(扶桑社文庫)は恋に悩む女子必読の名著。

モデル:神崎恵
撮影:神戸健太郎
ヘアメイク:高橋里帆/Three Peace
スタイリング:川崎加織
取材・文:中川知春

Image title

VOCE2016年8月号
特集 「VOCEにしかできない! VOCEでしか読めない! 信じるべきはVOCEベストコスメ」詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/