1. 夏ならではの肌トラブルと対処法Q&A

2016.07.15

夏ならではの肌トラブルと対処法Q&A

本格的な暑さがいよいよスタート。でも、夏を過ぎると肌年齢が上がってしまうという事実が! その予防策や対処法を今すぐマスターして♪

夏ならではの肌トラブルと対処法Q&A

Q. 夏ならではの肌トラブルとは?

A. ニキビ、ゴワつき、シミ、くすみなど

「紫外線のほか夏疲れの影響で不要な古い角質がたまりやすく、肌がゴワついたり毛穴に皮脂などが詰まってニキビが増えたり。メラニンのせいで、くすみやシミも目立ちやすくなります」(慶田先生)

A2. 夏特有の“毛穴熱風”で毛穴が開く

「山や海から、高温or多湿の風が吹く地域があり、その風の影響で毛穴の面積が約2倍に拡大するというデータがあります。また、ニキビがある人は悪化しやすい、肌がやや敏感な人は汗や皮脂でかゆくなる、ということも。もともと肌が健康的な人なら、夏だからと深刻な肌トラブルが出ることはあまりないようです」(多田さん)

Image title

夏の高温多湿を想定した空気で頰に毛穴熱風を30分あてた結果。毛穴が開いてキメが乱れているのがわかる。資料提供:ポーラ

Q. 夏の肌あれも肌老けのシグナル?

A. 汗でダメージを受けているサイン

「夏は汗のせいで湿疹ができるなど、肌あれを訴える人が多いですね。すぐに肌が老けるわけではありませんが、くりかえすと肌ダメージが深刻化。ほったらかしにするなど油断は厳禁!」(慶田先生)

Q. 肌がベタつくから洗顔したい。一日に何回まで平気?

Image title

A. 2回

「洗いすぎは肌の潤いを奪ってしまうので、夏でも増やしたりせずに朝晩の2回が基本です。洗顔料を使わずに水やお湯で流すだけなら、洗いすぎの心配はそれほどないかもしれませんが……」(多田さん)

A2. 汗をかいたら、“洗う&潤す”を必ずセットで

「汗は肌への刺激となるので、そのままにしないように! とはいえ、一日に5回も6回も洗うのはさすがに多すぎると思います。また、“洗う&保湿する”のセットで行うことも徹底して」(慶田先生)

Q. 肌の夏老け予防に重宝する美容ギアは?

A. 化粧品の浸透を助けるギアを

「抗酸化や美白の作用があるビタミンCを効果的に肌に浸透させるものが便利。お気に入りはパナソニックの新アイテム。モードや温度が設定でき、いつもの化粧品がより効果を発揮します」(小林さん)

Image title

電気浸透流が肌の角質層まで保湿成分を届け、スキンケアの効果を高める。温感と振動で肌を引き上げながらケア。イオンエフェクターEH-ST63 ¥26000(編集部調べ)/パナソニック

教えてくれたのは

銀座ケイスキンクリニック 慶田朋子先生
皮膚科専門医、医学博士。医学的視点から“夏老け”を分析し、生活面も含めた効果的なアプローチをていねいに指南。

美容家 小林ひろ美さん
美・ファイン研究所代表。オリジナルのテクニックを提案。誰でもできる手軽さやその確かな効果にファン多し

美容エディター 安倍佐和子さん
雑誌、テレビ、イベントなどで若々しい肌の秘訣を披露。サーフィンやテニスなどアウトドア派なのに美肌をキープ。

ポーラ 多田明弘さん
肌科学研究部 肌分析研究室長。夏ならではの過酷な環境や肌の状態を知り尽くし、最適なスキンケアをアドバイス。

【こちらもチェック!】

★間違うと3歳年を取る!? “夏老け”しないためのスキンケアQ&A→http://i-voce.jp/feed/3753/

★この時期要注意! 肌“夏老け”しやすい体質かも!? スキンケアQ&A→http://i-voce.jp/feed/3795/

★肌の“夏老け”しないUVケアの正解Q&A→http://i-voce.jp/feed/3807/

★肌の夏老け対策!毎日「老け蓄積」しないための正解デイリーケアQ&A→http://i-voce.jp/feed/3873/

★今年の夏こそ老けない! 知っておきたいデイリースキンケアの正解はコレ?→http://i-voce.jp/feed/3850/

★小林ひろ美さん教えて!夏老けしないスキンケアテク10→http://i-voce.jp/feed/3886/

撮影:柏原力、amanaimages
イラスト:齋藤よしこ
取材・文:大貫未記、松下侑衣花
構成:中田優子

Image title

VOCE2016年8月号
特集 「VOCEにしかできない! VOCEでしか読めない! 信じるべきはVOCEベストコスメ」詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/