1. マッサージを頼んだら、よぼよぼのおじいさん?!【旅の思い出1000人調査】

2016.07.22

マッサージを頼んだら、よぼよぼのおじいさん?!【旅の思い出1000人調査】

大好評。1000人調査シリーズ。旅行では、テンションが急上昇↑ ハメを外して大怪我をしたり、虫を食べるような食事に出合うなど、1000人の愉快な旅行記をお届け。ネット調査で集まった1000人の実体験エピソードをたっぷりご紹介します!

マッサージを頼んだら、よぼよぼのおじいさん?!【旅の思い出1000人調査】

不安を感じる宿の人

★彼にファブリーズ
お掃除の人が廊下の真ん中で、座り込んで靴下を穿き替えていた。しかも、自分でニオイを嗅いでイヤな顔まで……。(37歳・事務)

★人手不足
板前さんがフロントで接客を担当。服に魚をさばいたあとのような血の跡もあるし、なんとも微妙。たまたまの人手不足かと思ったら、翌日の日中もいた。(29歳・運送)

★5階
ベルボーイがエレベーターに乗らず「私は階段で」と。猛ダッシュで上がったのか、先に着いていた。けれど、喋れないほど息は切れ、大汗かいてポタポタ。いっそエレベーターに同乗してくれたほうが気持ちいい。(28歳・事務)

★ベテラン
ポーターが、エレベーターを下りてから部屋に行くまでの間に曲がる方向を間違え、しばらく迷ってしまった。聞けば、勤め始めて6年半も経つという……。(36歳・飲食)

★でも支払いは普通
家族と行った温泉で、出張マッサージをお願いしたらヨボヨボのおじいちゃんが来た。ひと押しするたびに「イタタタ」と腰を押さえているので、思わずこっちが揉んであげた。結果、疲れただけ。(21歳・大学生)

★泥沼希望
男1人、女2人で旅行へ。旅館に着くと仲居さんが「ご関係は? カップルとその友達? まさか三角関係?」と根掘り葉掘り。「イトコです」というと、つまらなそうに帰っていった。(25歳・事務)

★わかったのは“菜っ葉”のみ
フロントのおじいちゃんが一生懸命話しかけてくれるのだけど、歯が一本もなく、なにを言っているのかわからず。(33歳・会社員)

★夢に消えた名店
ホテルのコンシェルジュに居酒屋の場所を聞いたら、地図まで書いてくれた。が、曲がる方向が逆で、永遠に辿り着けず、違う店に行くはめになりました。(30歳・会社員)

ハシャギすぎちゃった♪

★チェックイン前の寄り道
豪華なロビーを前にテンションがアップ。勢いよく走って入ろうとしたらガラスがあり、思い切り衝突。気を失って医務室へ。(30歳・飲食)

★よく寝た週末
朝からお酒を飲み、お昼寝。ドーンッという音がして起きた時には、旅の目的だった花火大会が終了~。締めの一発の音だった。(33歳・経理)

★祭りで飲みすぎた翌朝……
目を覚まして思わず悲鳴を上げた。なんと髪型が変わっているではないか。腰近くまであった自慢のロングヘアはいずこへ……。(38歳・飲食)

★ミイラ男
シンガポールでリゾート気分が盛り上がり、露出度の高いワンピースを着て街を散歩。地元男性にじっと見られたので、ナンパされるのかと期待。がしかし、「女性が肌を出すな」とバスタオルでぐるぐる巻きにされた。(35歳・OL)

★典型的な浮かれ人
沖縄といえばアロハとノリノリで着ていった。でも、1月には地元民すら着てない。(35歳・清掃)

★ファッションの都
所持品の中で一番高い靴やアクセサリーをつけていたら、ひったくりに遭った。(30歳・事務)

★EWW!!!!
カリフォルニアのクラブでテキーラのショットを飲みすぎた。お立ち台からセクシーなギャルが直接口に入れてくれる、アメリカ映画のようなスタイルに浮かれて、少なくとも15回はやった。翌日、ラスベガスに向かう乗り合いワンボックスカーで吐き続けるという結果に。(29歳・教員)

★なにが面白かったのか
ハワイでティアドロップ型のサングラスを買った。それをかけて、友人3人と“たむけん”の前髪にして、アラモアナでお買い物♪(31歳・主婦)

★USJ
ハリー・ポッターの衣装を着て、カツラもかぶり、メガネもかけて、完全コピー。その姿を会社の仲の悪い後輩とその彼氏に見られた。(33歳・営業)

文:金子優子 
構成:蜷川麻実

Image title

VOCE2016年8月号
特集 「VOCEにしかできない! VOCEでしか読めない! 信じるべきはVOCEベストコスメ」詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/