美容家が本気で惚れ込む溺愛コスメ

マスクメイクは目元を華やかに!大本命の春新作アイシャドウ3選【vol.68】

2021.02.20

今まで何万ものコスメを試してきた美容家の松下侑衣花が「コレはもう手放せない!」と、リピートし続ける優秀コスメを紹介するコーナー。トレンド関係なくずっと使えて、確実に可愛い&美人度を底上げしてくれるコスメは買って損なしですよ♡

今まで何万ものコスメを試してきた美容家の松下侑衣花が「コレはもう手放せない!」と、リピートし続ける優秀コスメを紹介するコーナー。トレンド関係なくずっと使えて、確実に可愛い&美人度を底上げしてくれるコスメは買って損なしですよ♡

あたたかな陽射しでキラッと輝く
鮮やかな春色アイシャドウが大集合

春新作コスメが続々と登場している中、特に目を引くのがキラキラのアイシャドウ。毎日マスクをするせいで「目元は華やかにしたい!」という気持ちが日に日に強くなっているのと、マスクで顔が半分隠れているおかげで大胆に塗っても派手顔になりにくいから、マスクのときはキラキラのアイシャドウが鉄板に。伏し目になったときや、目を動かしたときにキラッと光ると立体感が出るので、顔がのっぺりとせずにマスク映えします。
今年の春新作のアイシャドウは、宝石を散りばめたような繊細なパールがたっぷり入ったものが豊富で、サッと塗るだけで目元がグンと華やかに。春の陽射しでさらに美しくきらめきます。ピンクやレッドなど鮮やかな色のキラキラアイシャドウを添えて、マスクをしていても可愛い春顔に仕上げましょう。

塗っていると「どこの?」と99%聞かれる
ぷるんとしたジュレのようなアイカラー

この春にパワーアップした「エレガンス」のアイカラー。人気のポイント、みずみずしいジュレ質感はそのままに、フィット感がさらにアップしました! 限定2色を含めた10色全てが美しく、誰が塗っても美人顔になれるという奇跡のカラーバリエーションにご注目。

左から101(限定)、100(限定)、08、07、06、05、04、03、02、01。桜の花びらのようなピンク、爽やかなブルー、纏うだけで春らしくなるイエローやグリーンなど。10色全てに多色パールが入っています。定番カラーでコンサバなブラウンもキラキラなので、ナチュラルだけど華やかなブラウンメイクを実現。透け感があるので、大胆にまぶたに広めに塗ってOKです。

範囲は、目のキワから眉下まで塗るのがポイント。これくらい広めに塗っても透明感のある色なのでケバくならず、目元を華やかに。マスク顔も映えます! さらに不思議と肌の透明感も上がって見えて、顔全体が美しい印象に。

単色使いはもちろん、どの色を組み合わせても可愛いけど、もし春のデートに行くならイチオシの組み合わせは、01と08。01の柔らかいピンクの上に、女度上がるレッドを重ねるとセクシーでフェミニンな雰囲気になり、モテ顔に仕上がります! 

きらめく美しいグラデーションで
誰もが洗練された女性に

こちらもこの春に新しく生まれ変わった「スック」。粉飛びしないピタッとした密着感となめらかな質感、透明感がよりアップして、どう塗っても美しく仕上がる最強のアイシャドウパレットに。左上は目元をパッと明るく見せるハイライトカラー、右上は透け感のあるマットな質感のカラー、左下は繊細なパールで立体感を演出するカラー、右下は目元を引き締める深みのあるカラーと4色それぞれに役割があり、どの色をどの順番で塗り重ねても上品かつ洗練されて見えます。左上のハイライトカラーはラメがたっぷり入っていて、仕上げに重ねたり目頭や下まぶたに塗ったりすれば、美しい輝きだけを添えることができる万能色なので、重宝すること間違いなし。限定1種を含めて7種類あるうち、イチオシは02と04です。

02は、オレンジコーラル×トープのパレット。左下のコーラルがかったオレンジを効かせれば効かせるほど輝きと鮮やかさが増し、華やかに。

逆に、黄みブラウンをメインに使えば通勤メイクにも。肌なじみの良い超繊細なラメなので通勤メイクにも使えそう。

04 は、前作の「デザイニング カラー アイズ」で大人気だった絢撫子の進化版と言われている純撫子。チャームピンク×サーモンピンクの組み合わせは、ただ塗り重ねるだけで凛とした女性らしい印象に。

04は、イエローベースの私とブルーベースの知人、二人とも似合ったので、パーソナルカラー問わず似合いやすいカラー。春のピンクメイクにトライしたいときは、このパレットで決まり! 

多色パールがさりげなく光るアイカラーは
オンにもオフにも使える! 

日本人の肌色になじみながら肌をきれいに見せてくれる魔法のような色、ベージュ。そのベージュのパワーを宿した「RMK」のアイカラーは、上段にクリーム、下段にパウダーが入っていて、それぞれを単色使いしても良し、組み合わせても良しな3WAY。組み合わせるときはクリームの上にパウダーを重ねると、密着度も立体感もアップ。

カラーは5種あり、全ての色をまぶたに塗ってお試しした上で選んだのは、01。レッドベージュにレッドやゴールドパールがきらめく赤みのある色みで、ちょっぴり女っぽさも。

範囲は、アイホールまでしっかり塗り広げるのがキモ。あえて広めに塗ることでホリが深く見えます。でもこれだけ広範囲に色をのせてもまぶたとなじむので、抜け感のあるソフトな目元に。合わせるチークやリップによって、キレイめにもカジュアルにもふれるアイカラーです! 

たっぷりのラメやパールで煌びやかに、そして鮮やかなカラーで華やかに仕上げるのが、マスク中の目元を美しく見せるポイント。「ちょっと派手かな?」「難しそうな色」と思うアイシャドウほど挑戦して、この春に新しい自分を見つけましょう。

Edited by VOCE編集部