1. 夏冷え対策!食べ物・食べ方であっため美容

2016.07.22

夏冷え対策!食べ物・食べ方であっため美容

夏に冷えが悪化してしまう大きな要因が、冷たいもののとり過ぎ。ビールにアイスに素麺と冷たいものばかりとっていたら内臓から冷えて、胃腸のトラブルも発生。夏にとるといいもの、避けたほうがいいものを覚えておいて、冷えから体を守って!

夏冷え対策!食べ物・食べ方であっため美容

梅雨時は豆・豆製品、夏はタンパク質が◎

冷えを防ぐための食べ物や食べ方は、梅雨時と夏で少し違うので覚えておくのがおすすめ。「梅雨時は体に湿気がたまり、むくみやすくなるので、体を潤す作用のある生野菜や生の果物、体内で湿気を作り出す甘いものや脂っこいものをとるとさらにむくんで冷えも悪化します。梅雨時は控えめに。体にたまった水分を排出する豆や豆製品を積極的にとりましょう。夏は、生野菜や生の果物は、とると暑さに耐えやすい体になるので食べてOK。ただ夏野菜は体を冷やすので、温め効果のあるスパイス類と組み合わせてとりましょう。また、夏は食欲が低下しがちですが、だからといってあっさりしたものだけで済ませず、肉や魚などのタンパク質をしっかりとって体温を上げましょう。もちろんアイスなどの冷たいものは控えめに!」

夏の冷えを防ぐ食べ物・食べ方のPOINT

【梅雨時】

●生野菜・生の果物をとり過ぎない。

●甘いもの・味の濃いもの、脂っこいものを控える。

●利水作用のある食品をとる。

コレがオススメ!

Image title

大豆、小豆、枝豆、えんどう豆、さやいんげん、そら豆や、豆乳や黒豆茶、緑豆もやしなど、体内除湿効果のある豆や豆製品を。

【夏】

●夏野菜にスパイスをプラス。

●アイスなど冷たいものは控えめに。

●熱を生み出すタンパク質はしっかりとる。

コレがオススメ!

Image title

肉や魚などのタンパク質はしっかりとって。魚はアジや、カツオ、マグロ、アユなど夏が旬のものを、肉は脂身が少ないものを。

水分摂取で冷え予防!

Image title

水は1日1~1.5Lを分けてこまめにとる
「水分はとり過ぎると冷えますが、とらないと老廃物がたまり、むくみを招きます。水分は1日に1~1.5Lはとりましょう。がぶ飲みするとむくむので、分けて飲みましょう」

調理法で冷え予防!

「炒める」「揚げる」は控えめに。ただし冷える人はとってOK
 調理法でも、冷やしたり、温めたりと、体への作用が変わるので要注意。「調理法は、生→湯がく→ゆでる→蒸す→煮る→炒める→揚げるの順に温め効果が高くなります。同じ食材でも、生でとるのと炒めてとるのでは、体に与える作用が違い、生は温め効果が低く、炒めるほうが温め効果が高いのです。一般的には、体に熱がこもりやすい梅雨時や夏は、炒める、揚げるといった調理は控えめにするのがベター。でも、梅雨時や夏でも極端に冷える人は、炒め物や揚げ物もとってOK。生は体を冷やすので、梅雨時は控えめに」

ひと工夫で冷え予防を!

【夏野菜】スパイスたっぷりのエスニックに

Image title

夏野菜は体を冷やす作用が。トマトやピーマンならコリアンダーやパクチー、ハラペーニョなどを使ったサルサソースにするなど、スパイスを使ったエスニック料理にすると冷えにくい。

【冷奴】薬味を山盛りかける

Image title

豆腐は大豆製品で、体の湿気をとる働きはあるけれど、体を冷やすので冷奴は特に要注意。とるときは体を温めるねぎ、しょうが、みょうが、にんにくなど薬味をたっぷりかけるのが正解。

【素麺】+タンパク質&薬味をトッピング

Image title

栄養がほぼ糖質の素麺は、体温を作り出す成分が少ないうえ冷たいので、それだけで食べると冷える。蒸し鶏やツナなどのタンパク質や、ねぎ、しょうがなどの薬味をトッピングして。

教えてくれたのは

鍼灸師 若林理砂さん
アシル治療室院長。高校卒業後鍼灸免許を取得。2004年に現治療院開設。東洋医学に通じ、独自の食事指導も行う。

【こちらもチェック】
★冷房冷えに!ペットボトル温灸であっため?→http://i-voce.jp/feed/3866/
★脚のむくみ・足の冷えに!ペットボトル温灸であっため?→http://i-voce.jp/feed/3915/
★オフィスでも手軽にできる!「水毒出し」であっため美容術→http://i-voce.jp/feed/3932/
★おっぱい番長 朝井麗華さんオススメ「水毒出し」でスッキリボディに♡ 1分逆立ち、わきつかみ!→http://i-voce.jp/feed/3940/

撮影:伊藤泰寛
取材・文:和田美穂
構成:中田優子

VOCE2016年8月号

VOCE2016年8月号
特集 「VOCEにしかできない! VOCEでしか読めない! 信じるべきはVOCEベストコスメ」詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/