1. ブラからもれた“ハミ乳”も改善! ツンッと上向き美バストを生む秘策を伝授。 【ビューティQ&A】

2016.08.06

ブラからもれた“ハミ乳”も改善! ツンッと上向き美バストを生む秘策を伝授。 【ビューティQ&A】

土曜日の【ビューティQ&A】は、美容術! 『アチェ by スタイルM』代表・アンチエイジングデザイナーの村木宏衣さんが回答してくれました♪

ブラからもれた“ハミ乳”も改善!
ツンッと上向き美バストを生む秘策を伝授。
【ビューティQ&A】

年々、バストが貧弱になる、ブラジャーからあぶれる“ハミ乳”が増えている……、そんなおっぱいに悩みをもつ人に朗報! 垂れた乳を引き上げ、大きく美しくする簡単な手段があるんです!! 今回は、毎日5分で美バストを取り戻すメソッドを紹介します。

Q昔より、胸が痩せて、小さくなったような……。なにが原因?

A:おっぱいが小さく見える大きな要因は、猫背にあり!

猫背になり、背中が丸まると、バストを支える筋肉がコリ固まるというのが大きな問題。デコルテのボリュームが失われ、バストが実際よりも貧弱に見えるようになり、さらに、筋肉の弾力が弱まることで、バストの位置をキープできず、下垂につながります。垂れることで、脂肪がまわりに逃げやすくなり、“ハミ乳”状態がより酷くなる……という、悪循環が起こるのです。まずは、バストまわりのリンパの流れを促して、猫背によってコリ固まった筋肉をリセットすることがなにより大切! それにプラスして、“ハミ乳”状態の贅肉を寄せ集め、バストアップに効くエクササイズを習慣にすれば、1カップアップも期待できますよ。

Qおっぱいを大きく、上向きに戻す方法が知りたい!

A:筋肉とリンパの流れをリセットして、“ハミ乳”を戻し、バストをグイッと上げる、この3ステップがおすすめ!

★肋骨の側面にある筋肉をほぐす

Image title

脇の下に両手を当てて、乳首にむかって手をさすり下ろす。これを5回。次に、脇の下から手を一段下に移動し、同じように5回さする。最後は、手をブラのアンダーラインの位置に下ろし、同様に5回さする。この時に、しっかりと肋骨脇の筋肉をほぐすような意識が大切。

★もれた“ハミ乳”をバストに集結させる!

Image title

左右の手を腰骨からバストへ贅肉を持ち上げるように15回ずつ動かす。「ムダな脂肪をおっぱいまで引き上げる!」という強い気持ちで挑んで。反対のバストも同様に。

★猫背修正にも効くバストアップエクササイズ

Image title

細く折りたたんだタオルを肩幅より広めの幅でしっかりと握る。腕を上にグーッと伸ばし、肩胛骨の下のほうを動かすように意識する。一度、腕を曲げて、また伸ばす。この腕を伸ばして曲げるという動作を10回×3セット繰り返して。

【NEWS】
今回ご紹介した「顔筋矯正」のセルフメソッドセミナーが9月11日(日)に少人数制で開催予定。詳しくは、下記PROFILEのURLをチェックして。