1. 朝ドラヒロイン高畑充希さんインタビュー!「自分が持っている札で、どこまで行けるか?」

2016.08.13

朝ドラヒロイン高畑充希さんインタビュー!「自分が持っている札で、どこまで行けるか?」

本当にスキャンダラスな2016年上半期の芸能界。慌ただしく盛衰する人気者の勢力分布図にも変化が……! そこで、今もっともアツい“旬顔”高畑充希さんにインタビューを敢行!その魅力に迫りました!

朝ドラヒロイン高畑充希さんインタビュー!「自分が持っている札で、どこまで行けるか?」

今のこのポジションは自分では全くの想定外(笑)

NHK朝ドラヒロインに抜擢され、主演映画も公開中。CMにも多数出演し、まさに“旬顔”の称号に相応しい活躍ぶり。「旬だと言われることはすごく嬉しい。ですが、正直実感はないです。だって私の顔って、正統派美人の顔では決してないじゃないですか。背だって低い。この世界には、ずば抜けてキレイな人やスタイルのいい人、演技が上手い人がそれはもうたくさんいるから、これまでずっと、“自分が持っている札で、行けるところまで行ってみよう!”というテーマのチャレンジ企画(笑)をやっている感覚だったんです」

実は彼女の芸歴はけっこう長い。16歳から6年間ミュージカル『ピーターパン』の主演を務め、それ以降も多くの舞台に出演してきた。歌唱力や演技力の高さには昔から定評があり、業界内では今の活躍ぶりは“当然”との声も多い。

「ずっと舞台の世界で一番になりたくて、それを夢見てやってきたらなぜか映像の世界にいた。それが今の素直な感想です。自分が描いた未来予想図とは想定外の場所にいるからこそ、あまり怖がらずにいられる気がします。『失敗したらどうしよう』みたいなプレッシャーもあまりなくて。もちろん仕事では苦しみもたくさん。特に朝ドラはいつも以上に時間がないので、納得いくまで準備する余裕がなくて、放送を観ては『ああすればよかった、こうすればよかった』と考えては落ち込むこともしょっちゅう。だけど朝ドラが始まってから『あれは充希ならではだったね』と、思いもよらないところを褒めていただくこともあり、嬉しくなることもあります」

朝ドラヒロインは出演している間だけでなく次回作にも注目が集まるもの。それについてどう思う? と尋ねると――。

「例えばアクの強い役で、みんなから『朝ドラヒロインのそんな姿見たくない』と言われても、自分の中の興味センサーがGOを出したならやっちゃうと思います。今までもそうしてきたし、これからも、そこはブレずにいたいんです」

Image title

高畑充希
昨年は「優秀女優賞」をはじめ様々な演劇賞を受賞。2016年以降も、映画「怒り」(9月17日公開)、主演を務めるミュージカル「わたしは真悟」ほか、映画「ひるね姫~知らないワタシの物語」にて主人公の声を担当。

撮影:城 健太/Vale.
スタイリスト:大石裕介/DerGLANZ
ヘアメイク:市岡愛/PEACE MONKEY
取材・文:中川知春
構成:芦田夏子

VOCE2016年9月号


特集 「2016SS話題のコスメ&ブームすべて見せます! ビューティトレンド総まとめ」詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/