美白&UVケア2021

VOCE恒例!美白&UVケア新聞・美白編「最新美白コスメ19を美容のプロ2人が徹底レポート」

2021.02.27

VOCE恒例!美白&UVケア新聞・美白編「最新美白コスメ19を美容のプロ2人が徹底レポート」

2021年の新作美白コスメをVOCEでおなじみの美のプロ2人がレポート。オススメの美白19アイテムを美容ジャーナリストらしい深掘り解説で案内します。VOCE恒例の、美白&UVケア新聞です。

VOCE恒例!美白&UVケア新聞・美白編「最新美白コスメ19を美容のプロ2人が徹底レポート」

2021年の新作美白コスメをVOCEでおなじみの美のプロ2人がレポート。オススメの美白19アイテムを美容ジャーナリストらしい深掘り解説で案内します。VOCE恒例の、美白&UVケア新聞です。

美白&UVケア新聞論説委員
吉田昌佐美さん

美容ジャーナリスト

吉田昌佐美さん

膨大な知識とコスメへの深い愛をベースに美容情報をわかりやすく解説。各社の研究者も一目置く存在で、編集部からの信頼も絶大。

楢﨑裕美さん

美容ライター

楢﨑裕美さん

美容界の大御所やドクター、各社の研究者への取材が多く、研鑽の日々。得た知識をもとにVOCE読者に最適なコスメを常に探索。

白さだけを目指す時代はもう終わり! 輝きケアの時代へ【シャネル、オルビス、SK–II、ディオール】

世界的な風潮を鑑みて、美白(ホワイトニング)という言葉は消滅か、という話も浮上していたが、2021年、フタを開けてみれば、美白カテゴリーは大盛況。一方で、その実態はというと“白さ”を目指すものから、透明感、輝き、発光感、均一感などを複合的に叶えるものへと移行した。

目指したいのは“ヘルシーな発光幸せ肌”

楢﨑さん
楢﨑さん

今、美白に求められるのは健康的な肌印象であり、アプローチはグローバル化。


シミをターゲットにした“点”美白か。それとも肌全体の透明感を高める“面”美白か。ここ数年は圧倒的に面美白傾向が強く、今年もその流れだが、より“印象”が重視されるように。

「シミがひとつ消えることよりも、“肌の印象が美しい”ことが求められ、肌が健やかであってこそのイキイキとした美しさが憧れの対象に。象徴的なのがシャネル。京都大学による滋賀県長浜市民1万人におよぶ疫学調査に参画し、目標とするヘルシー ロージー グロウ肌のために必要な要素を特定。肌のアミノ酸代謝や保湿へのアプローチをル ブランに投入。日本人のリアルな肌データがバックボーンにあるだけに説得力があり、今後の展開も楽しみ」(吉田)

アミノ酸代謝を高める、肌のヘルスケア美容液
シャネル ル ブラン セラム HLCS
シャネル ル ブラン セラム HLCS

〈医薬部外品〉30ml ¥16500(3/5発売)

アミノ酸の生成を促すのは、屋久島産のガーデニアフルーツ エキス。保湿や鎮静ケアにも注力し、根本から健やかで輝く肌へ導く。

肌本来のチカラをアシストしてノイズレスで鮮明な肌
オルビス ホワイトクリアエッセンス
オルビス ホワイトクリアエッセンス

〈医薬部外品〉25ml ¥5000

美白有効成分、デクスパンテノールWを配合。塊になったメラニンを分散させ、ターンオーバーを促して、肌の“高解像度”化を図る。

輝きあふれるオーラ肌をよりスピーディに叶える!

肌を曇らせる3つの要因にアプローチし、光が巡る肌へと導く美容液が、パワーアップ。しっとりとなめらかになじみ、保湿力も向上。

美白の概念が変わった今、標的はメラニンだけじゃない!

「あの手この手でメラニンをつくらせない、増やさない、とどめさせないといったアプローチに加えて、くすみや赤み、凹凸、毛穴など透明感を邪魔する要因を改善するアプローチが標準化してきた印象。保湿の徹底、表皮の立て直し、炎症の鎮静、真皮の構造ケアと、もはや肌色にフォーカスした総合エイジングケアといえる」(吉田)

「以前は抗酸化や抗炎症、真皮ケアはオマケ的な感じもしたが、今は透明感のためにメラニンケアと並ぶ必須項目」(楢﨑)

見て、触れて感じる透明感!

吉田さん
吉田さん

触れるとなめらかなことも透明感の必須条件。質感を高めることもポイントに。


「光、輝き、明るさをも包括した、圧倒的な透明感が求められるようになり、各社の研究で透明感の実態が明らかになっていく中で、凹凸がない、キメが整っている、毛穴レスなど、見た目だけでなく、触れてもわかる質感も、新たなターゲットに。リモートワークなどで自分の顔を見る機会や、スキンケア意識の高まりから肌に触れる機会も増え、自分自身さえも幸せにしてくれる質感が求められています」(吉田)

名品リニューアル続々の当たり年

吉田さん
吉田さん

“エイジングケアもできる美白”から美白=エイジングケアに。


美白界の重鎮ブランドが続々、名品のパワーアップ版を発表。

「各社、腰をすえて研究してきた成果が花開き、揃いに揃った印象。日々のルーティンをしっかり行うというスキンケアの気分が高まっている今、スター美容液はハマるのでは?」(吉田)

「名品の名にふさわしい、美白アプローチはそのまま継承しつつ、新たな知見や研究成果もプラスオン。ブランドとしては今までのファンをがっかりさせずに喜ばせることもミッションに掲げているため、相当なハードルを越えて発売に至った逸品ばかりで期待して間違いないはず。ディオールもそのひとつ。新たにエピジェネティクスに着目し、肌をくすませる過剰皮脂への対応が追加に」(楢﨑)

1ヵ月で4トーンアップも夢じゃない。澄み渡る肌へ
ディオール スノー アルティメット エッセンス オブ ライト
ディオール スノー アルティメット エッセンス オブ ライト

〈医薬部外品〉30ml ¥16000/パルファン・クリスチャン・ディオール

過剰な皮脂分泌の抑制効果に加えて、エーデルワイスエキスを進化させて、メラニンケア効果をアシスト。ミルキーなつけ心地も◎。

次ページ
ポーラ、YSL、オバジ、エスティ ローダー……etc.