1. どうせなら、意識高い系ドリンク ①話題の水素水ドリンクを飲み比べてみた

2016.08.30

どうせなら、意識高い系ドリンク ①話題の水素水ドリンクを飲み比べてみた

連日続く猛暑で、喉、カラッカラに乾きましたね! 何飲みますか? どうせなら、美容にも良さそうなものを……。てことでコンビニなどで買える意識高い系ドリンクを飲み比べ。第一回目は話題の水素水ドリンクから。

どうせなら、意識高い系ドリンク
①話題の水素水ドリンクを飲み比べてみた

近年話題の水素水。抗酸化作用や、代謝UP、疲労感の改善など、いろいろなメリットがあると言われています。高い水素発生器や、飲みづらいパウチタイプよりも日常的に取り入れやすくなるといいなと思っていたら、ここ最近、コンビニなどで手軽に買える水素水ドリンクの品数が一気に増えていました。

そこで、飲み比べてみて私の主観で勝手にミシュランを敢行(☆三つ満点)。今回はナチュラルローソンで全て買いました。

①ピラクア 340ml 価格:¥430(編集部調べ)

ピラクア

おいしさ ☆☆☆
飲みやすさ    ☆☆
楽しさ ☆☆☆

ペットボトルを開けると水素カートリッジがぽとんと水中に落ち、水素を発生させる仕組み。飲む直前に新鮮な水素を取り込める、ということでちょっとしたアミューズメント感があります。スリムなボトルで持ち運びやすいのもポイント高め。北海道・羊蹄山雪どけの水ということで、自然な水の甘みを感じます。おいしくって飲みやすく、手軽なので毎日でも飲みたい! でも、高いのが難点。ちょっと贅沢を味わいたい時に……。

②水素水H2 450ml 価格:¥200円(編集部調べ)

水素水H2

おいしさ ☆☆
飲みやすさ ☆☆
安心感 ☆☆☆

水素濃度 0.3ppm~0.8ppm(生成時水素濃度1.6ppm以上)

大手飲料メーカー伊藤園が水素水に参入!ということで大注目。大手ならではの安心感と、お手頃価格も◎。水素水の中の水素って本当にちゃんと存在してくれているのか?っていう疑問は誰でも感じることだと思うのですが、この商品は、水素ガスを高濃度で水に吹き込むことで、水素が長時間存在するらしく。また、キャップと水面の間にある隙間を小さくし、より水素が空気中に逃げにくい工夫をしている、と記されてるのです。なるほど。

③ハイドロプレミアム 240ml 価格:¥280(編集部調べ)

ハイドロプレミアム

おいしさ ☆☆
飲みやすさ ☆☆  
お得感 ☆☆☆

高濃度溶存水素量 0.7~1.2ppm

なんといっても話題のケイ素が10㎎配合! 水素水とケイ素のコンビネーションはなんかすごく美容に良さそうっていうお得感あり。南アルプスの軟水を使用しており、味も普通に飲みやすくて、おいしい。水素量の表示も高濃度ですし、その高濃度水素が逃げないように、アルミ缶を採用しているのだとか。少し高いですが、飲む価値はありそう。

④逃げない水素水36 350ml 価格:¥288(編集部調べ)

逃げない水素水36

おいしさ ☆☆☆
飲みやすさ    ☆☆
特別感 ☆☆☆

奥長良川の天然水(鉱水)に水素を充填しており美味しい。特筆すべきは、水に水素ガスを溶け込ませるのではなく、世界で唯一の特許技術を用いて、水素に殻をまとわせるような形で水中に存在させていること。だから、フタを何度開け閉めしても、水素が逃げることなく、ペットボトルでも逃げない水素水が販売できたのだそう。温めても水素が抜けないのでコーヒーなども作れる。

まとめ:飲み比べていて思ったのですが全て飲みやすくて美味しいです。水素水の味は、正直そんなに違いは分かりません(笑)!

私がこれからしょっちゅう買いそうだなと思うのは、やはり②の伊藤園の水素水H2かな……と思いました。普通のミネラルウォーターと比べてもそんなに値段に大差なく買えますし。でも水素水だし、っていう単純な理由です。

なので、皆様もご購入の際には、水素が抜けない工夫やプラスされている成分、価格などとのバランス、あるいは単純にボトルデザインなどで、ご自分に合ったものを選ぶと良さそうです。