1. 外資系vs.国産ブランド。日本でローション戦争勃発!? “肌応え”満点の高性能ローション続々!

2016.08.24

外資系vs.国産ブランド。日本でローション戦争勃発!? “肌応え”満点の高性能ローション続々!

ただ潤うだけじゃない。心地よさ、ケア効果を極め尽くした“肌応え”満点の高性能ローション続々と!

外資系vs.国産ブランド。日本でローション戦争勃発!? “肌応え”満点の高性能ローション続々!

外資系vs.国産ブランド。日本でローション戦争勃発!?

この秋は化粧水が面白い!
何たって日本女性が大好きなアイテム。その使用率は90%以上といわれ、ビッグマーケットを舞台に熱い戦いが繰り広げられる様相だ。特に今季は外資系ブランドの動きが活発。化粧水にうるさい日本で評価を得て、アジア各国から世界へという狙いが見え隠れする。いずれにしても練りに練った最新鋭のローションが集結するわけだから味方にしない手はない。気になる製品をいくつかピックアップしてみよう。

 まず「肌年齢別」という新たな切り口で3種のローションを誕生させたクラランス。年齢によって異なる肌状態に着目し、浸透の妨げとなる肌のバリア機能を一時的に解放して(*1)肌年齢に合った有用成分を最大限に届けるというもの。テクスチャーや後肌、香りにまでこだわり抜いた設計は日本人の肌と心にグッとくるはず。ラ・プレリーからはスキンキャビアのエッセンス-イン-ローションが登場。化粧水の主原料といえば「水」だが、それをまるごとキャビアウォーターに置き換えた超贅沢処方(*2)でパワフルなファーミング効果をもたらす。たるみケアなら、ランコムのレネルジーも見逃せない。昨年同ラインのクリームで話題となった宇宙L.I.F.T.テクノロジーに加え、新ローションには肌表面からリフトアップを狙う新技術を導入。(*3) 保湿力とハリ感が格段にアップした。乾燥やシワ、くすみといった複雑な肌悩みを抱える人にはジバンシイ ランタンポレル ローション。酸化ストレスや汚染物質、今や見過ごせない近赤外線によるダメージに対応する独自の複合成分を配合。エイジングケアの土台固めとしてもおすすめの一本だ。

持続する潤い、膨らむハリ。国産勢は“実感”で勝負

一方、日本人の肌ニーズを知り尽くす国産ブランドからは、さらなる肌実感を極めた仕事人ローションが登場する。たとえば、現代女性の肌は乾燥などの外的ダメージによってバリア機能が低下→敏感モードに陥りやすいことに着目し、持続性に特化した高保湿化粧水(*4)を誕生させたアクセーヌ。また、アスタリフトはハリの低下を招くコラーゲン劣化のメカニズムを解明し、新しい化粧水を開発。不要なダメージコラーゲンを取り除き、コラーゲンを効率よく作らせてプリプリの高密度肌を目指す。日本のブランドってこういう専門分野を突き詰めたディープな攻め、ホントうまいと思う。

 今季登場のローションは潤いを与えるなんてレベルじゃない。エイジングケアもするし、美肌を生み出し育む仕事人。一本の実力、あなたの肌で確かめてみて!

(*1) 角質層のバリア機能は外的刺激から肌を守り、肌内の水分蒸発を防ぐ役割を果たす半面、化粧品の浸透の妨げとなる。最も手ごわいのは細胞間脂質がびっしり詰まった20代の肌。30代になると水分不足によってバランスが崩れ、40代ではターンオーバーが乱れ角質肥厚という問題が。植物由来成分とテクスチャーにより肌年齢に合ったバリアの解放を行う。

(*2) スキンキャビアエキスは油溶性の成分であるため、独自の水蒸気蒸留プロセスを開発。キャビアのパワーを余すことなくローションに配合することに成功した。

(*3) メモリーシェイプテクノロジー。肌の上で花びらのようなジュレ構造を形成し、瞬時に引き締めてハリ感アップ。次に使うスキンケアの効果を最大化する働きも。

(*4) 超微細ナノカプセル化技術により保湿成分を角質層の隙間(40~60nm)よりも小さい超微細化(10~30nm)することに成功。効率的に角質細胞の隙間を満たしながら深部にまで水分を届ける。使用テストでは角層内の水分量やバリア機能が12時間も保持される結果が。

GIVENCHY,ランタンポレル ローション,パルファム ジバンシイ,ACSEINE,モイストバランス ローション,アクセーヌ,LANCÔME,レネルジー M メモリーシェイプローション,ランコム,la prairie,SCエッセンス‐イン‐ローション,ラ・プレリー,ASTALIFT,アスタリフト モイストローション,富士フイルム,CLARINS,ファーミング EXトリートメント エッセンス ローション,クラランス,

1 エイジングの敵、近赤外線を味方につけて肌の防衛力UP
【GIVENCHY】

酸化ストレスと戦う懐深~い化粧水。キー成分の“IR‐センシティブ”は近赤外線を利用して活性化されることで酸化ダメージを防ぎ、コラーゲン生成を促す逆転発想の成分。みずみずしい感触で肌に溶け込むようになじみ、香りもうっとり。多忙な肌こそ頼りになる一本だ。ランタンポレル ローション 200ml ¥10000(9/2発売)/パルファム ジバンシイ

2 乾いた肌も瞬時にふっくら。夜まで続く圧倒的な保湿力!
【ACSEINE】

敏感肌ケアのエキスパートが作ったうる肌持続化粧水。サラッとしたテクスチャーでみるみる浸透し、内側からふっくら満たされる潤い感は「超微細ナノカプセル化技術」と「セルバウンス技術」によるもの。惜しみなくたっぷり使える大容量も嬉しい。手で重ねづけがおすすめ。モイストバランス ローション 360ml ¥5500(9 / 16発売)/アクセーヌ


3 内と外からリフトアップして潤ってピン!の上向き印象へ
【LANCÔME】

宇宙生物学に基づいて開発された先端技術と肌表面にネットワークを形成する新技術を融合し、ローションでリフトアップを実現。ぷるんとしたジュレ テクスチャーがみずみずしく広がり、肌を包み込んで引き締め、潤いとハリをキープ。これはもうテクスチャーが、効果の手応え!! レネルジー M メモリーシェイプローション 200ml ¥8500/ランコム


4 待望のキャビアのローションで肌も心もアガる幸せ♪
【la prairie】

水の代わりにスキンキャビアウォーターを使用し、ラ・プレリーのコア成分も贅沢に配合。カテゴリー的には化粧液だが、軽いつけ心地なので化粧水感覚で。洗顔後すぐでもいいし、化粧水と美容液の間に組み込んでも。一品投入するだけで肌がむっちり、引き締まり感が違う! SCエッセンス‐イン‐ローション 150ml ¥28000(9/9発売)/ラ・プレリー

5 不要なダメージコラーゲンはこの化粧水でサヨナラ
【ASTALIFT】

肌内にダメージコラーゲンが溜まるとコラーゲンの再生もダウン。肌本来の自浄機能(コラーゲン代謝)をサポートして不要なものはきっちり排除し、新しい元気なコラーゲンを作らせる。毎日使う化粧水で叶えたのがポイント。みずみずしくなじんでしっとりモチモチの肌に。アスタリフト モイストローション 130ml ¥3800(9/1発売)/富士フイルム


6 肌年齢に合った有用成分をとびきりの心地よさで確実に
【CLARINS】

肌年齢は「25歳~、35歳~、45歳~」に設定され、それぞれの肌に必要な成分(植物成分)を厳選。テクスチャーのとろみ感にもバリア機能を解放するための絶妙な計算が。香りも心地よくて毎日のケアのスターターに組み込みたい。写真は、35歳~のもの。ファーミング EXトリートメント エッセンス ローション 200ml ¥6900(9/2発売)/クラランス


撮影:国府泰
文:吉田昌佐美
構成:高橋絵里子

VOCE2016年10月号

VOCE2016年10月号
特集 「とことん実験!お試し!塗り比べ! 私に一番似合う!が見つかる!」詳しくは→http://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/