1. 素肌っぽい!“ニセうるツヤ素肌”のつくり方♡基本STEP

2016.09.03

素肌っぽい!“ニセうるツヤ素肌”のつくり方♡基本STEP

素肌ニュアンスが人気の今こそ、肌がもともと美しいかのように仕上げる方法をマスター!

素肌っぽい!“ニセうるツヤ素肌”のつくり方♡基本STEP

基本STEP使用のアイテムはコレ!

ラディアンス フラッシュ,スキン モイスチャライジング グロウ ファンデーション,カネボウ コントロールフィニッシュ パウダー,マスターミクサー,

a.ローズとゴールドの光が肌を明るく輝かせるジェルクリーム。朝のメイクの下地としてはもちろん、日中のメイク直しに使っても。
ラディアンス フラッシュ 15ml ¥4500/ゲラン

b.美容クリームのようにリッチで保湿力の高いファンデ。どんなに乾燥した肌でも光を拡散し、素肌を思わせるヌーディなツヤをまとえる。
スキン モイスチャライジング グロウ ファンデーション 全9色 30g ¥8400/ボビイブラウン(9/2発売)

c.超繊細なパウダーが、透明感とほのかに瞬く光を演出。毛穴や肌の凹凸などもナチュラルにカモフラージュしてくれる。
カネボウ コントロールフィニッシュ パウダー 18g ¥5200/カネボウインターナショナルDiv.(9/15発売)

d.シマーなローズゴールドの輝きが印象的なハイライター。ベースメイクに重ねるのはもちろん、アイシャドウ、リップ、チークなどとブレンドして使うのも楽しい。
rms beauty マスターミクサー ¥4900/アルファネット

“ニセうるツヤ素肌”の基本STEP

ツヤのニュアンスが異なるアイテムを重ねたり、部位別にハイライターでツヤを足して、うるツヤの質感を際立たせるのが秘訣。

素肌の中から放たれるうるっとした光を下地で

Image title

顔全体にaの下地を塗り広げていく。
「指先ではなく全体を使い、頬から外側へのばして。この段階からツヤを潜ませれば、肌の中からにじみ出る、うるっとしたツヤがかないます。パール感の強いものは、素肌感が失われるので避けて」

ファンデは密着感と透明感がカギを握る!

Image title

bのファンデを頰からオン。
「特にツヤをのせたい頰から指で広げてスポンジでトントン。密着感と透明感が高まり、ぐっと素肌っぽく見えます。さらに自然に仕上げるため、フェイスラインはスポンジに残ったファンデをぼかす程度で」

素肌っぽさにくずれは大敵だからパウダー必須

Image title

くずれやすいところを中心にcのパウダーを。
「Tゾーンやあごを、パフでやさしく押さえてパウダーをのせます。パフに少量のパウダーを含ませ、“薄く薄く”を意識して! ファンデがフィックスされて肌の透明感もアップします」

ツヤのレイヤードは目まわり限定で!

Image title

dのハイライターをポイントづけ。
「ツヤを顔全体に重ねていくと、素肌らしい印象から離れてしまうので要注意! まずは、目頭横の鼻筋へのせます。細いブラシでのせて数回往復させれば、ライン状になったりせずにナチュラル」

さらに光を集めたいところだけにプラス

Image title

同じくdでツヤを部分的に補強。
「頰骨の高くなっているところから目尻下のあたり、そして、目頭下から黒目の下まで。この範囲だけにツヤをのせ、そのアウトラインは指で軽くなじませます。人工的ではない自然なツヤ肌が完成!」

Image title

教えてくれたのは

Image title

ヘア&メイクアップアーティスト AYAさん
透明感やツヤを自在に操って、旬のベースメイクをかなえる達人。すぐできるテク&その理論には、多くのファンから絶大な支持が!

撮影:寺田茉布/LOVABLE(人物),恩田亮一(商品)、ヘア&メイク:AYA/LA DONNA、スタイリスト:程野祐子、モデル:藤野有理、 文・取材:大貫未記、構成:佐野桐子