1. 「この国の空」完成披露試写会に5組10名様をご招待!

2015.07.01

「この国の空」完成披露試写会に5組10名様をご招待!

VOCE8月号のインタビュー連載「SUPER PEOPLE」にも登場いただいた、長谷川博己さんをはじめ、二階堂ふみさん、工藤夕貴さん、荒井晴彦監督が登壇予定!

「この国の空」完成披露試写会に5組10名様をご招待!

芥川賞作家、高井有一による谷崎潤一郎賞受賞作を映画化。戦後70年目の今夏、公開する。妻子ある男との許されぬ恋に葛藤しながら突き進む主人公の里子を二階堂ふみが演じ、長谷川博己が相手役の市毛に扮し、里子に惹かれ渇望する男を情熱的に表現した「この国の空」完成披露試写会に5組10名様をご招待!

◆試写会日程
「この国の空」完成披露試写会
【東京】2015年7月16日(木)18:00開場、18:30開映 場所:ニッショーホール
登壇:二階堂ふみ、長谷川博己、工藤夕貴、荒井晴彦監督予定(※登壇者は事情により変更になる可能性がございます)

応募はコチラ

◆締め切り
2015年7月5日(日)
※当選者の発表は招待状の発送を持って発表とさせていただきます。

◆STAFF&CAST
脚本・監督:荒井晴彦
原作:高井有一「この国の空」(新潮社)
詩:「わたしが一番きれいだったとき」茨木のり子
出演:二階堂ふみ 長谷川博己 工藤夕貴 富田靖子 利重剛 上田耕一 石橋蓮司 奥田瑛二
配給:ファントム・フィルム、KATSU-do

◆STORY
1945年、終戦間近の東京。19歳の里子は、母親と杉並区の住宅地に暮らしている。度重なる空襲に怯え、雨が降ると雨水が流れ込んでくる防空壕、日に日に物価は高くなり、まともな食べ物も口には出来ないが、健気に生活している。妻子を疎開させた銀行支店長の市毛が隣に住んでいる。里子の周りでは日に日に戦況が悪化していく。田舎へ疎開していく者、東京に残ろうとする者…。戦争が終わると囁かれはするものの、すでに婚期を迎えた里子には、この状況下では結婚などは望めそうもない。自分は男性と結ばれることなく、死んでいくのだろうか。その不安を抱えながら、市毛の身の回りの世話をすることがだんだんと喜びとなり、そしていつしか里子の中の“女”が目覚めていくのだが……。

公式サイト:http://kuni-sora.com