1. 私、食べても太らないんです(風)♡男子の好きな「禁断のガッツリメニュー」を一緒に楽しむテクニック

2016.09.17

私、食べても太らないんです(風)♡男子の好きな「禁断のガッツリメニュー」を一緒に楽しむテクニック

ラーメン、焼肉、揚げ物……、男子が大好きなハイカロリーメニュー。そりゃあ、いくら食べても太らないなら喜んでご一緒しますけど。そんな女子に朗報!「ガッツリ上等」な食べ方テクニック、伝授します♡

私、食べても太らないんです(風)♡男子の好きな「禁断のガッツリメニュー」を一緒に楽しむテクニック

細いのに、お肉、炭水化物、油もの大好き!!もちろんお酒も!なんて男性は多いもの。彼に付き合ってガッツリメニューを食べていたら、私だけなぜかぷよぷよに!?ありがちな悩みです。とはいえ、女子だって豆腐と玄米とサラダのみで生きているワケではありません。「よく食べる女の子って可愛い?」という男性の声もあるし、たまにはガッツリメニューが食べたい!そんなあなたに、ハイカロリー食を涼しい顔で楽しむ秘訣、教えます!

味濃いめ・脂多めのニンニクマシマシ♪……って、ハードル高いよ!

Image title

男子のソウルフード・ラーメンは味が濃くて脂肪もあって、大部分は炭水化物、な禁断のメニュー。美味しいけど、明らかに太りそう……と敬遠している人も多いはず。彼と一緒に楽しんで食べるなら「血糖値の上昇」と「塩分」に注目して対策を練りましょう。いきなり麺から食べると、血糖値が急上昇して太りやすくなります。野菜炒めも頼んで彼とシェアしたり、タンメンのような野菜が摂れるメニューを選び、まずは野菜から食べ始めれば血糖値の上昇が緩やかに。「野菜?なにそれ美味しいの?背脂最高!!」的なガッツリ系のメニューしかないお店に行くなら、直前に野菜ジュースを飲むことで同様の効果が得られます。また、麺や具を残すのは気がひけるけど、スープを残すのは抵抗も少ないはず。塩分が多く、たっぷりの脂肪がとけ込んだスープはなるべく残すことでカロリーと塩分を大幅カット。塩分が少なくなることで、翌朝の顔のむくみも少なくなるので、お泊まりデート前でも安心です。また、油麺やつけ麺のような汁なし系のメニューは同じ一人分でもラーメンに比べ麺の量が多め。うっかりチョイスしないように!

焼肉デートはステディの証♡でも…ノーダメージで頼みたいの!

Image title

食べ物をシェアするのは、2人の仲を親密にするいい機会!焼き肉デートは臆せず楽しみたいですよね。いかにもハイカロリーに見える焼き肉ですが、お肉には基礎代謝を高めてくれるタンパク質が豊富。最初にキムチやカクテキを頼んで、乳酸菌を摂取&血糖値の急上昇をセーブ。わかめスープで体を温めつつ、炭水化物と脂肪の吸収を遅らせましょう。サンチュやナムルなどの野菜と肉を交互に食べることで、満腹感も早く訪れるはず。そもそも焼き肉は「網で焼く」ことでお肉の脂を大幅カットできる食べ方。「しっかり焼く」ことは焼き肉を食べても太らない第1のポイントです。お肉と野菜をしっかりめに食べ、シメの炭水化物はパスするのが効果的ですが、どうしてもシメが食べたいときは栄養バランスのよいビビンパか、クッパなどをチョイスしましょう。空腹じゃないのにシメを食べたいなら、視覚的に食べたい気になっているだけのことも多いもの。彼とシェアして食べる量をセーブするのをお忘れなく!

「夜はトンカツどう?」「いいね♡(揚げ物……太りそー!!)」

Image title

トンカツ、唐揚げ、フライドポテトにコロッケ……男性の好きな食べ物の上位を占めるのが「揚げ物」。デートでも、一緒に食べよう!と誘われることが多いはず。千切りキャベツなど生野菜を一緒に摂って、脂肪の吸収を抑えることも大事ですが、一番のポイントは時間帯。できれば、夜に食べるのは避け、ランチでいただきたいもの。どうしても夕食に食べる場合は、遅くても20時には食べ終えるようにしましょう。脂肪を代謝させてエネルギーを生むには、ビタミンB2が必要になるので、キノコ類や海苔を一緒に食べるのもおススメです。フリッターよりフライ、フライより素揚げ、というように、衣ができるだけ薄いものを選ぶのもカロリーカットのコツ。

こんなところに落とし穴!?甘い飲み物にもご用心!

Image title

お肉だから、油だからとガッツリメニューを敵視しがちですが、飲み物にも気を配りたいもの。ジュースや甘いカクテルなど、甘い飲み物が実は大きな落とし穴。飲み物に溶けた糖分は量が分かりにくく、大量の砂糖を摂取しがち。さらに、液状の糖分は急速に体に吸収されるので、いくら食事に気を遣っても甘い飲み物と一緒だと、せっかくの努力も台無しに。さらに甘いお酒はアルコールの吸収も早めるから、食欲増進効果も高いんです。甘い飲み物は全面禁止!その上で食べたいものを食べる……これが彼とのデートを罪悪感なしに楽しむ一番のコツかもしれません。