1. VOCEベストコスメ「激戦の美白美容液部門を5位までWEB限定公開♡」

2015.07.02

VOCEベストコスメ「激戦の美白美容液部門を5位までWEB限定公開♡」

好評発売中のVOCE8月号(6月23日発売)にて、ベストコスメ企画を担当させていただきました。本誌では、各部門3位までを選出しているのですが、大激戦となった「美白美容液部門」をVOCEウェブサイト限定で、5位まで大公開しちゃいますっ!!!

VOCEベストコスメ「激戦の美白美容液部門を5位までWEB限定公開♡」

VOCEのベストコスメは「ガチ!」なんです。
一体何が「ガチ!」かっていうと・・・・・・。

その1
審査員には部門名しか伝えず、白紙の状態から選出します。

よく「ベストコスメって広告なんでしょ~?」って聞かれますが、 この通り、一切の手ごころは加えず、各審査員が「これぞ!」と思ったものを選ぶ仕組み。 だから「本当に優秀なコスメ」が載っていると胸を張って言えるんです!

その2
各審査員の得点をすべて誌面で公表しています。

これもVOCEベストコスメならでは、なんですよ~。誰が何点入れたか明確だから、憧れのヘアメイクさんや、「普段からこの人の勧めるものは肌に合うなーっ」ていう美賢者の得点を見て、自分にぴったりのコスメを探し出すこともできちゃいます。

栄えある1位は、ポーラ ホワイトショット CX!

ポーラ ホワイトショット CX

ポーラ ホワイトショット CX (医薬部外品)25ml ¥15000

ホワイトショット CXは、なんとスキンケア編グランプリも獲得!!!私も今季、真っ先に1本使い切ったのは、コレでした!しゃばっとした質感だから、暑い季節でも心地よく使えて、1本使うころには、もう1本リピ買いしたくなる透明感が。自ら美白する機能「セルフクリア機能」という新機能を解明し、まさに満場一致といった感じで、高得点をゲット。

注目の2位は、大人気ブランドTHREE

THREE バランシング ホワイト クリアエッセンス

THREE バランシング ホワイト クリアエッセンス(医薬部外品)30ml ¥10000

天然由来成分にこだわるTHREE。スキンケア、メイクアップ、ヘアケア、インナーケアと、多方面に人気商品がありますよね~。今回のホワイトニング美容液も、なんと95%が天然由来成分。洗顔直後に使うブースタータイプです。とろーりローションタイプで肌にじんわり浸透。香りもいいのです~

そして3位は、美白のみならずキメも整うコレ!

ディオール スノー ホワイトニング セラム

ディオール スノー ホワイトニング セラム(医薬部外品)30ml ¥12500

美白研究に定評のあるディオール。今回配合したのは、エーデルワイス。なんと標高1100m、-10℃でも美しく咲くんだそう。そんな植物の力と、ディオールの研究・技術でできたセラムは、使うたびに、肌の透明感を実感。いつもくすみがちな私の肌が、あまりにトーンアップして驚きました!

【WEB限定公開】惜しかった!4位はこちらでした!

ランコム ブラン エクスペール メラノ-ライザー AI

ランコム ブラン エクスペール メラノ-ライザー AI(医薬部外品)30ml ¥11000

ランコム史上初、2つの美白有効成分が贅沢に配合されているという、この美容液。しかもアジア女性の肌を研究して生まれたそうなんです。するっと軽いテクスチャーだから、夏にもぴったりだし、すぐ浸透してくれるから、シミ部位に重ねづけするのにも◎。同ラインのブラン エクスペール エッセンス ローションと併用すれば、さらに効きめUPなことをお約束します♡

【WEB限定公開】これも名品でした。接戦の5位を公開!!

ポーラ ホワイトショット SX

ポーラ ホワイトショット SX(医薬部外品)20g ¥12000

スキンケア編グランプリ&美白美容液部門1位を獲得した、ポーラホワイトショット CXと同時に誕生した、ホワイトショット SXが5位の座を獲得!CXが肌全体をトーンアップしてくれ、SXはシミ・ソバカスにぐっと効きます。私も長年気になっていた、上まぶたのシミが薄くなってきて、狂喜乱舞♪(上まぶたはレーザーやフォトフェイシャルで解決できないので・・・・・・)美白美容液の進化には目を見張ります。感謝です。

美白美容液部門 ま・と・め!!!

4位、5位に共通していえるのは、「シミに特化した美容液」だってこと。

肌全体をトーンアップしてくれる1~3位を吟味して購入したら、次は4~5位のシミ対策美容液を手に入れる、のがオススメ。

紫外線が強くなるこれからの季節、どれだけちゃんとケアするかどうかが、美肌の分かれ道だと思います。特に30歳を過ぎると、色々取り返しがつかなくなるし・・・・・・(怖)。

・・・・・・というわけで! 私もせっせと美白に励みます~!

photo:Yasuhiro Ito