マスクに負けないベースメイク術

ノーファンデで美肌!paku☆chan流「下地&コンシーラー使い」

公開日:2021.03.15

VOCE2021年4月号 椎名美月

ノーファンデだからマスクでも安心! ノーファンデだけどしっかりカバー! そんな“軽肌”メイクをヘアメイクのpaku☆chanがレクチャーします。

VOCE2021年4月号 椎名美月

ノーファンデだからマスクでも安心! ノーファンデだけどしっかりカバー! そんな“軽肌”メイクをヘアメイクのpaku☆chanがレクチャーします。

暖色下地&コンシーラーの指塗りで血色ツヤ肌

教えてくれたのは……
paku☆chanさん

ヘア&メイクアップアーティスト

paku☆chanさん

本誌をはじめ美容誌やファッション誌で大活躍。女優やアーティスト、タレントからの支持も高く、美しい肌づくりに定評がある。

下地だけでここまで美しく! 大事なのは指の圧と量

「透明感のある軽やかな肌に必要なのは、使用するアイテムをシンプルにすることと、塗り広げるときに時間をかけないこと。ゆっくりのばしていると液状のものはどうしても乾燥して固くなり、ヨレやくずれの原因になるんです。必要な量をできるだけ早く塗り広げる。これだけで“透ける肌”にだいぶ近づけると思います」

VOCE2021年4月号 椎名美月

paku☆chanの【ノーファンデで軽肌3大ルール】

1.暖色のパール下地で8割の補整をすます

「温かみのあるピンクやオレンジで血色感を、ほどよいパール感でツヤとハリを出せる下地を選びます。これを塗るだけで肌の8割は整うので、自然と軽肌に仕上がるんです」

A.負担のかからない軽やかなつけ心地

黄ぐすみもカバー。

B.透明感バッチリ! 上品なツヤと血色も

みずみずしい潤い感で乾燥肌でも安心。

C.肌を暗く見せる青影をオレンジで払拭

サラリと軽やかな質感。毛穴カバー効果も。

2.指塗りが基本

「使うのは中指、薬指、小指。指の腹や側面などを利用してベースをつくっていきます。肌表面の細かい凹凸を確認したり、その日の肌状態を見極めたり。指のセンサーに勝るものはないですよね」

使うのはこの3本!

①下地
指の第一関節からつけ根までを使って塗布。左右同じ圧力で、両手で広げていくべし。

②コンシーラー
指の側面を使用。1本の指で塗ったらもう1本で量を調整すると思い通りの濃さになる。

③目尻や小鼻
目元など、繊細なカバー力が求められる部位は小指で。力がもっとも入らない指だから。

3.広げるときの指の圧に注目!

「のばすときに人差し指を使わないのは、どうしても力が入ってしまう指だから。指の圧力じゃなくて動きで下地やリキッドを広げるように、手早く塗るのもポイントですよ」

【大福で指の圧を検証!】

大福で指の圧を検証!

◆コンシーラーは【圧2】
圧をかけて塗ると不要なところまでコンシーラーが広がってしまうため、指でなじませるときは指の側面を使って優しくなじませて。

◆下地は【圧3】
テンポよくサッサッと広げていくため、基本は3ぐらい。小鼻の脇からほうれい線などに重ね塗りするときだけ、5の圧力で押し込む。

次ページ
【ノーファンデ軽肌】のプロセス詳細を解説!