1. 塗りすぎ禁物!ファンデはいらない!? 大人気ヘアメイク河北裕介さんの肌が主役のメイクルール

2016.09.20

塗りすぎ禁物!ファンデはいらない!? 大人気ヘアメイク河北裕介さんの肌が主役のメイクルール

「美人をつくるメイクといえばこの人」といわれる河北裕介さん。そのキモは「バランス」。ほんの少しの調整や工夫で自分の顔がもっと好きになって、もっとキレイに! 河北流の技をここに公開。

塗りすぎ禁物!ファンデはいらない!? 大人気ヘアメイク河北裕介さんの肌が主役のメイクルール

「目指すはお風呂上がりのうっとりするツヤ。“抜き”のさじ加減が色っぽさを呼ぶ」

肌が主役の微調整メイク
「お風呂上がりにケアした後の自分の肌、好きでしょ? 肌が主役のメイクでは、その色っぽい顔を再現して」と河北さん。そこで大事なのがツヤ。「塗りすぎは避け、“抜き方”を覚えて」

河北メイク!ルール1

「ベースに柔らかなツヤ。これさえあればファンデはいらない」

Image title

「肌には必ずツヤ。ツヤがあると汗ばんで見えて、色気が感じられるから」繊細パール下地を塗り、リキッドファンデは省略するのが河北流の肌づくり。「後はクマなどをコンシーラーでカバーし、Tゾーンと目元にだけ、ブラシで少しのパウダーファンデを」

うるんだツヤで肌ランクを上げる

フレッシュグロウ ルミナスフルイドベース

湿り気のあるみずみずしいツヤがセクシー! 顔に自然な立体感が出るうえ負担感のないつけ心地もいい感じ。
フレッシュグロウ ルミナスフルイドベース01 30ml ¥5400/バーバリー

河北メイク!ルール2

「ブロンズチークとハイライト。微調整重ねでツヤを極めて」

Image title

ハイライトを目の下に逆三角形に塗り、ツヤを強調。さらにブロンズを頰の高い部分を中心に楕円形に重ねる。「ピンクだと顔に色が多くなりすぎるからNG。小顔に見せるには、顔の“折り目”(触れると段差がある、顔正面と側面の境目の部分)を越えてのばさないように」

上気した肌はおまかせのブロンズ

ミネラルブロンズグロウ

河北メイクといえばこのブロンズクリーム。赤み×パール感の合わせでたちまちヘルシーさがアップ。入れ方次第でベーシックにもクールにもと応用自在。
ミネラルブロンズグロウ ¥3500/エトヴォス

河北メイク!ルール3

「秋色リップはうっすら塗りで肌感を残す」
肌中心のメイクの場合、リップはなじみ色になりがちだが、河北さんが選んだのは秋色ローズ。がっちり塗ると口元が目立ちそうだけど……。「そこでリップはわざとうっすらつける。肌感を変えずに、秋の雰囲気を表現できます」量の微調整で濃い色をなじみ色にチェンジ。

女っぽ格好いいカラーで決まり

ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ヴィニルクリーム

独特の光沢が印象的。色香と辛口風味が共存するローズ。
ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ヴィニルクリーム 407 ¥4100/イヴ・サンローラン・ボーテ(9/21発売)

other items

ナチュラルRコンシーラー,ミネラルハイライトクリーム,

A.クマカバーのピンク系が優秀。
ナチュラルRコンシーラー ¥7000/フランシラ&フランツ 

B.これぞ発光感というべき輝き。
ミネラルハイライトクリーム ¥3500/エトヴォス

ザ・ライトバルブ エリアル コンパクト ファンデーション,ルナソル フェザリーラッシュマスカラ,

C.圧迫感のない軽さが鍵。
ザ・ライトバルブ エリアル コンパクト ファンデーション SPF13/PA++ 全11色 ¥6200/シュウ ウエムラ

D.まつ毛が太くなるようなナチュラルさ。
ルナソル フェザリーラッシュマスカラ 01 ¥3000/カネボウ化粧品

Image title

コチラも使える!主役級肌アイテム

ステージ パフォーマー ブロック:ブースター フレッシュ ピンク,エクラ ミラク,トリートメントプライマー,

E.優しい血色感をオン
なじみピンクでヘルシーに。
ステージ パフォーマー ブロック:ブースター フレッシュ ピンク SPF50/PA+++ 30ml ¥4500/シュウ ウエムラ

F.目標は垢抜け水光肌!
シルバー系パールで透明感。
エクラ ミラク 20ml ¥5000/ランコム

G.色つき美容液みたいな心地よさ
赤すぎず、白すぎないピンク。
トリートメントプライマー SPF20/PA++ 30g ¥6000/SUQQU

河北さんとは?

Image title

ヘアメイクアップアーティスト 河北裕介さん
シンプルナチュラルだけど男心をそそるセンシュアルなメイクと、ズバリ鋭い河北語録が評判で、VOCEでも大人気。

撮影:竹内裕二(人物),藤本康介(商品)、ヘア&メイク:河北裕介、スタイリスト:SHOCO、モデル:浅見れいな、文・取材:入江信子