1. 美肌の基本は正しい洗顔から!美肌クレンジング教室

2016.09.23

美肌の基本は正しい洗顔から!美肌クレンジング教室

今回お邪魔したのは、オーガニックに特化したトリートメントサロン「Biotique(ビオティック)」。セラピストのMiKi先生に、美肌を育む正しいクレンジング方法を教えて頂きました。

美肌の基本は正しい洗顔から!美肌クレンジング教室

STEP1 どんな製品を選べばいいの?

エキア レ・ヴルーテ ミルククレンジングエキア レ・ヴルーテ ミルククレンジング 200ml ¥3200

クレンジングアイテムを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?ついメイク落ちの早さや洗浄力の高さを重視してしまいがちですが、実は洗浄力が強すぎることでお肌の乾燥を引き起こしているケースが。MiKi先生のオススメはミルクタイプのクレンジング。正しい洗顔方法であれば、ミルクでもしっかりとメイクをオフできるので心配ご無用。

MiKi先生「洗顔直後に肌のツッパリを感じるようであれば、それは皮脂を取りすぎている可能性が大!クレンジングアイテムを見直す必要があります」

Image titleぬるま湯は人肌くらいの温度がベスト。

そして欠かさず用意してほしいのが、コットンとぬるま湯。コットンはアイメイクを落としやすいように三角形に折っておくと使いやすい。


STEP2 まずはアイメイクをオフ

Image titleコットンにはぬるま湯かアイメイク用のリムーバーをたっぷり染み込ませて。

まずはアイメイクからオフ!コットンにぬるま湯か、アイメイク用のリムーバーを含ませて、下まぶたに三角形にして置き、上から押えるようにしてマスカラを落とす。しっかりメイクした日など、必要であればアイメイク用の洗浄力の高いクレンジング剤を使用してもオッケー。

MiKi先生「アイメイクのオフは基本中の基本ですが、意外と出来ていない人が多いんです。クマだと思っていたのが、実はアイメイクの洗い残しだったなんてことも。目の周りが暗いだけで、顔全体がたちまち不健康な印象になってしまうので要注意」


STEP3 水分を含ませながら乳化洗顔

Image title水分を含ませて優しくクルクル。

いよいよお肌のクレンジングに突入です。まず手で顔全体にクレンジング剤を薄くのせましょう。あくまでも擦らずのせるだけ。

次に指先にぬるま湯をつけながら、クレンジング剤をのせたお肌を指でクルクルと優しく撫でます。このときお肌ではなくクレンジング剤を触っている感覚で、決してお肌を引っ張ってはいけません。指が滑らなくなったら、また指先にお湯をつけて撫でていくのを繰り返します。特にフェイスラインや口周りは洗い残しやすいので意識してしっかりと。

これを顔全体行ったら、ぬるま湯で全体をすすぎましょう。石けんなどでのダブル洗顔は不要。寝ているあいだの皮脂汚れが気になる朝にも、この方法はおすすめです。

MiKi先生「クレンジングで一番大切なのは、乳化させながら汚れを浮かせること。乾いた肌にクレンジング剤をのせてゴシゴシするのはNGです。私のおすすめは、お風呂に浸かりながらのクレンジング。身体も温まりリラックスし、蒸気でお肌も柔らかくなっているので最適なんです」


STEP4 仕上げの水分補給はたっぷりと

ラルン・ナチュラルズ トナーラルン・ナチュラルズ トナー 120ml ¥3780

余計なものを取り去りまっさらな状態になったお肌に、しっかりと水分を入れていきましょう。化粧水の使い方次第で、そのあとに使う美容液や乳液の浸透が格段に違ってきます。洗顔後すぐに乳液やオイルを使いたい場合は、肌が吸収できる以上の量を使うと表面に残ったものが酸化する恐れもあるので適量を。

MiKi先生「私の一押し化粧水は、フローラルウォーター100%の『ラルン・ナチュラルズ』のトナー。生のはちみつやココナッツのビネガーなど、自然のエキスがたっぷり入っていて、保湿効果も抜群です」

Image title肌がしっとり潤うまで何度も吹きかけよう。

化粧水の使用量の目安は、お肌を触ってひんやりするまでスプレーボトルに入れミスト状に吹きかければ、むらなく顔全体に行き届くのでおすすめ。

MiKi先生「皮脂はお肌が必要な分を自分で分泌することができますが、水分は外から補ってあげる必要があります。必要な水分量は人によって個人差があるので、自分のお肌を触りながらチェックしましょう」

毎日メイクするとすれば、クレンジングの回数は1年で365回、10年では3650回もメイクを落としている計算になります。たまのエステよりも毎日の洗顔!いまいちどクレンジング方法を見直して、美肌づくりの基礎を身につけてくださいね。

コース名:スキンケアコンサルテーション(60分 5400円)
サロンHP : http://biotique.jp/

次回は再来週金曜日(10月7日)更新。新たなゲストを招いてお送りします。来週もお楽しみに!

Biotique,ビオティック

Biotique(ビオティック)
住所:東京都港区南青山4-18-21 南青山スカイハイツ102
tel:03-5410-7222(完全予約制)


Biotique,MiKi

MiKi/サロン「Biotique」代表・セラピスト
15歳のとき自然派化粧品に出会ってから、ユーザーとして30年以上、プロとして12年オーガニックコスメの素晴らしさを発信し続ける。世界中のオーガニックコスメの中から彼女がセレクトした商品のみを扱う通販サイト「E-BOUTIQUE (イーブティック)」は、プロの間でも評判。

http://biotique.jp/e-boutique/