1. 悩めるアラサー肌を”幸せ肌”に変える4つのアンサー!

2016.10.03

悩めるアラサー肌を”幸せ肌”に変える4つのアンサー!

30代に突入すると浮き彫りになってくるのが、肌の個人差。だからVOCEは“今”の肌について、あらためて幸せ肌に変える方法を教えます。

悩めるアラサー肌を”幸せ肌”に変える4つのアンサー!

30代からは肌がキレイな人こそ美人と呼ばれるから、この4つを胸に刻みたい。

幸せ肌へのアンサー 1

スキンケアのメインは、“守る”こと。守ることで、肌はもっと幸せになる!

キレイになりたい願望からパワフルな攻めコスメに飛びつきがちだけど、肌の大敵、紫外線や乾燥から守らずして、攻めたところで一進一退。基本的にスキンケアの使命は改善ではなく予防。それじゃ、物足りないと思うかもしれないけど、濃いシミ、深いシワ、たるみなどのサインが出てからのリカバリーは至難のワザ。小さな炎症を起こさないことが、老化を遅らせ、ずっと幸せ肌でいるための第一歩。

幸せ肌へのアンサー 2

女性を取り巻く環境は厳しくなる一方。でも、コスメの進化もスゴイんです♥

猛暑、寒波といった異常気象がデフォルトになりつつあり、大気汚染も深刻。デジタル化が進み、便利になった一方で、SNS疲れが蔓延し、ブルーライトの影響と相まって睡眠の質が低下しているとも。さらに女性は社会進出により、やりがいを実感するぶん、ストレスも増加。それらはすべて肌にダメージを与えるが、呼応するようにコスメも進化中。だから、正しい知識と最新コスメがあれば大丈夫!

幸せ肌へのアンサー 3

オトナになるということは、コスメの実力を今まで以上に体感しやすくなるということ。だから、お手入れは楽しくなる!

きちんとお手入れを徹底している人と、怠っている人とで、美肌度に如実に差が出てくるのが30代。残念ながら、肌力は衰えてはくるけれど、今までは気づかなかったハイパーコスメのパワーを実感できるようになるし、手をかけたぶんだけ肌が応えて、いい状態を保てるようになる。惰性でしていたスキンケアが朝晩の楽しみに。

幸せ肌へのアンサー 4

肌は変化していくのだから、20代前半のケアを引きずっていてはダメ。今の肌に寄り添う方法&コスメ にアップデート!

25歳ぐらいまでは、実はどんなものを使っても何をやっても、ひと晩寝れば、自力である程度はリカバリーできるもの。肌の修復力が低下し、それが通用しなくなるのが、アラサー肌だ。さらに、若い頃からのお手入れのクセがツケとなって肌に現れるのも、今。だからこそ、今までと同じではダメ。肌の変化に合わせてお手入れを見直すべし!

VOCE11月号「アラサー肌を”幸せ肌”に変える方法」をチェック!

撮影:岡部太郎/SIGNO、ヘア&メイク:千吉良恵子/cheek one、スタイリスト:川崎加織、モデル:林田岬優、文・取材:楢崎裕美、構成:芦田夏子