1. 食欲の秋が来た!コンビニで買える「食欲を抑える食品」BEST4

2016.10.13

食欲の秋が来た!コンビニで買える「食欲を抑える食品」BEST4

薄着の夏は去ったけど、ファッションの秋はすぐそこ!トレンドをカッコ良く着こなすためには、太ってるヒマはありません。とはいえ、秋は食欲の秋でもあって……。小腹がすいた~、そんな時に頼れる、コンビニでもすぐ買える「食欲を抑える食品」をチェック!

食欲の秋が来た!コンビニで買える「食欲を抑える食品」BEST4

他のおかずが入らないほど満腹に!
低糖質で繊維が豊富「おから」

Image title

大豆食品は、抗老化遺伝子とも呼ばれる「サーチュイン遺伝子」を活性化させる「サートフード」として話題です。豆乳も美容によいですが、調整タイプは糖分も多いのがネックです。豆乳の搾りかす「おから」は栄養バランスがよく食物繊維が多く含まれるのが特徴。ダイエット用「おからクッキー」もあるほど、満腹感を得られる食材です。スーパーではおから(調理していないもの)はなかなか見かけませんが、コンビニでは「卯の花」として調理済みで売られていることも多いです。ひじきや人参、油揚げなどを加えて醤油やだし汁などで味付けされ、食べ応えがあります。水分をよく吸うので少量でお腹いっぱいになり、ヘルシーなので、コンビニランチの時は手に取ってほしい一品です。栄養バランスがよいので腹持ちがとてもよく、他のおやつに手が出なくなるメリットもあります。

食べるほどカロリーマイナスも夢じゃない!
腹持ちバッチリ「ゆで卵」

Image title

卵は完全栄養食と言われますが、ゆで卵になるとさらに食欲を抑える効果も。加熱された卵は胃の中にとどまる時間が長くなり、満腹感を持続させます。腹持ちがとてもよいんです。しかも、オムレツや卵焼きのように油を使うこともないので、カロリーオーバーになりにくい。それどころか、卵ひとつのカロリーは約90キロカロリーですが、卵ひとつのタンパク質を消化するには90キロカロリー以上のエネルギーを使います。小腹がすいてもゆで卵を食べるなら、むしろカロリー的にはマイナス。安心して小腹を満たしてください!

ストレス緩和でドカ食いも防ぐ!
ダークチョコレート

Image title

女子の大好きなチョコレートも、食欲抑制に一役買います。チョコレートが食べたくなったら、カカオ70%以上のものを選びましょう。普通のタイプに比べ、だいぶほろ苦くはありますが、食物繊維と少しの甘さ、ダークチョコレートならではの深いカカオの香りで「チョコレート食べた!」という満足感を呼び、食欲が抑えられる効果があります。カカオの香りにはストレス緩和効果もあり、食前にひとかけ食べて食欲を抑えたり、食事をしたのにちょっと物足りない気分のときに食べることでデザート欲を抑えることにもつながります。買うなら板チョコタイプよりひとかけづつ個包装になっているものがダラダラ食べを防ぐので理想的です。秋のコンビニはチョコが豊作。あなた好みの高カカオチョコもきっと見つかるはず。

その空腹感、喉の渇きのせいかもよ?
「炭酸水(フレーバー)」

Image title

食欲抑制のためには「お腹がすいたら水を飲め」とよくいわれます。「水でお腹いっぱいになるわけないじゃん!」というあなたは、その言葉の正しい意味を知らないのかも。本当の空腹は水でごまかすには限界がある一方で、体内の水分が不足していると、お腹がすいていないのにすいた気がする、偽の空腹感を感じることがあるんです。本当はお腹がすいているわけでもないのに、余計なカロリーを摂るのは悲しいこと。水をしっかり飲んで偽の空腹感を撃退しましょう。でもなぜ水なの?ジュースは論外として、お茶やコーヒーは利尿作用が高く、水分補給してもすぐ体外に水分を出してしまいます。結果、飲んでいるのに体の中はカラカラ、なんてことも。普通の水が一番ですが、シュワシュワ感と香り付きの炭酸水なら、味気なさも少なく満足感も得られます。コンビニなら、フルーツだけでなく、コーラなどのフレーバーが付いたものも豊富なので好みの一本を探してみて。

ダイエットに成功した人に聞くと、成功の秘訣は「コンビニに行かないこと」だといいます。でもそんなのムリ!自炊する時間なんてない!という多忙女子は、賢いチョイスを学ぶのが得策です。何でもガマンすればいいわけではありません。コンビニで手軽にゲットできる、食べないよりもキレイになれるアイテム、ぜひ覚えておきましょう。