1. 腸と睡眠の関係とは!?睡眠の質をよくしたい!【睡眠Q&A】

2016.10.10

腸と睡眠の関係とは!?睡眠の質をよくしたい!【睡眠Q&A】

睡眠の質がいいと、なぜキレイになれるのか、そのメカニズムを詳しく解説! 理想的な就寝時間や睡眠時間など、眠りについての基礎知識を身につけて、睡眠のキレイ効果を最大限にGETして。

腸と睡眠の関係とは!?睡眠の質をよくしたい!【睡眠Q&A】

Q.睡眠の質をよくするにはどうしたらいいの?

A.日中は活動的に、夜はリラックスしてメリハリを

Image title

「深いノンレム睡眠を得るために24時前には寝ましょう。朝は朝日を浴びると、それを合図にメラトニンの分泌が止まり、夜に正しく分泌されるので、毎朝決まった時間に起きて朝日を浴びること。日中は活動的に過ごして自律神経のうちの交感神経を活性化させると、反動で夜にリラックスをもたらす副交感神経が優位になりやすくなり、寝つきやすくなります。明るい光はメラトニンの分泌を阻害するので、夜はスマホやパソコン類を見るのは避け、暗めの間接照明の中で過ごすのが◎。胃腸が活動していると眠りを妨げるので、食事は寝る3時間前には済ませて」(内田先生)

さらに……睡眠の質を良くするには、腸の状態を整えることもマスト!

実は睡眠と深く関わっているのが腸。
「腸は自律神経に支配され、副交感神経が優位になると腸の動きが活発になります。逆に言えば腸の動きが活発だと副交感神経が優位になるということで、睡眠の質も向上。乳酸菌や食物繊維など腸によいものを積極的に食べたり、運動をしたりして腸を活性化することも心がけて」(小林メディカルクリニック・小林暁子先生)

お話を伺ったのは…

医学博士・精神科医 内田直先生
早稲田大学スポーツ科学学術院教授。睡眠障害やうつの治療を得意とし、埼玉県・大宮に睡眠専門の「すなおクリニック」を開業予定。
http://sunao.clinic

小林メディカルクリニック東京院長 小林暁子先生
内科・皮膚科・便秘外来・女性専門外来など全身の不調に対応。“健美腸”をテーマにした啓蒙活動にも力を注ぎ、腸を元気にしてキレイになる方法のアドバイスでも人気。

6時間?7時間? 自分の理想の睡眠時間を調べる方法 【睡眠Q&A】→http://i-voce.jp/feed/4612/

明日から睡眠の質を上げよう!理想の1日の過ごし方を徹底研究!→http://i-voce.jp/feed/4618/

新事実!睡眠のゴールデンタイムは、夜10時~2時ではない!?→http://i-voce.jp/feed/4633/

なかなか寝つけない……をレスキュー!ぐっすり眠るための6つの方法→http://i-voce.jp/feed/4699/

イラスト:Ai Ii、文・取材:和田美穂、構成:藤平奈那子