1. ダイソン スーパーソニック ヘアドライヤー その実力はいかに……??

2016.10.16

ダイソン スーパーソニック ヘアドライヤー その実力はいかに……??

美容家電業界を激震させたダイソンの「スーパーソニック」。パワフルな風で素早く乾かす、常識を変えるヘアドライヤー。鳴り物入りのこの超高額ドライヤーを試す体験会に行ってきました……!! 実力はいかほどか……??

ダイソン スーパーソニック ヘアドライヤー
その実力はいかに……??

かっこいい! 超大風量! しかも見た目より軽~い! そして結構静か……!! 

Image title

このデザインで風が起こる理由は、あのダイソンの羽根なし扇風機「エアマルチプライアー」と同じテクノロジーが。空気の量を3倍に増幅させることにより、高圧・高速の風が出る仕組み。

低温の熱で、髪へのダメージを減らす!!

Image title

ドライヤーの温度が、45度~78度までと高温にならない「インテリジェント・ヒートコントロール」設計。これで、髪のダメージが減り、乾かすときの高温によるパサつきも減ります。

大風量でボリュームやスタイリングが自在になり、若々しくなる!

Image title

ダイソンのドライヤーというと、メカニックなイメージが強いですが、このドライヤー、とにかく風圧がすごいので、立ち上がりにくい女性の重たいロングの髪も根本にあてるとしっかり立ち上がります!!

ブローって結構難しく、セルフでやるのは熟練の技が必要。くるくるドライヤーは髪が傷むし、なんとなくペタッとしているトップのスタイリングを放っておいていました。
しかし、ヘアスタイルは頭のトップのボリュームのあるとないとでは、見た目年齢にかなり差が出ます。わたしのように髪が多い人も、髪の重さによってトップのボリュームが逆に減る場合もあるので、ここが決まると決まらないのでは大きな違いが……!

髪にツヤが生まれるすさまじい1200Wの風圧

Image title

髪にツヤが生まれるには、ある程度のテンション(引っ張る力)と熱が必要です。しかし、このテンションを生むには、手ぐしやブラシで熱を加えると同時に正しい方向に引っ張る必要が。それが、このダイソン スーパーソニックでは圧倒的なすさまじい風圧で、ドライヤをあてるだけで勝手にテンションがつくられます。そのおかげで髪にツヤが……!!(※注:写真のような毛先アレンジにはブラシのブローかアイロンが必要です)

高額なのには理由があったダイソン スーパーソニック。ブローいらずのこの体験、今すぐ試してみては、いかがでしょう。

Image title

ダイソン スーパーソニック(Dyson Supersonic™)ヘアドライヤー
アイアン/フューシャ
¥45000 (税抜き) ※2年間のメーカー保証付き
サイズ(高さ×幅×奥行き):245×78×97㎜ 消費電力:1200w
ノズル3種つき:スムージングノズル、スタイリングコンセントレーター、ディフューザー

http://www.dyson.co.jp/haircare/supersonic.aspx