1. 【流行りの赤シャドウと赤リップ】イガリさん直伝、知的アラサー女子のつくり方

2016.10.11

【流行りの赤シャドウと赤リップ】イガリさん直伝、知的アラサー女子のつくり方

“可愛い”よりも“大人っぽい”顔を目指すべき、アラサーが叶えたい目標。イガリさんのメイクテクを取り入れて、秋の顔を刷新して。

【流行りの赤シャドウと赤リップ】イガリさん直伝、知的アラサー女子のつくり方

凜とした空気をまとう

大人っぽいアラサーになるために必要なのは知的なオーラ。媚びのない凜とした空気をまとった姿は、一筋縄ではいかない芯の強さを感じさせる。「鍵となるのは赤。マットな赤リップと、下まぶたにしのばせた赤シャドウで意志のある表情に」

【1】上質なマット赤リップ

Image title

「アラサーの女性には、“上質な赤リップ”を1本は持っていてほしいな、と思います」数多くある赤リップの中からイガリさんがセレクトした赤はマット。攻めと上品さを併せ持つ、質感の勝利。

使ったのはコレ!

ルージュ ディオール 999 マット,パルファン・クリスチャン・ディオール,

ルージュ ディオール 999 マット ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール
赤を上手にこなせる女性には凛とした空気が漂う。「筆で輪郭もキレイに塗って」

【2】眉下強めのアイブロウ

Image title

しっかりとした眉は、アラサーメイクに欠かせない要素。「特に眉の下側を少し強めに描くのがポイント」さらに眉間に少し入れ込むようにすると、表情に知的さが生まれてオーラが一変する。

使ったのはコレ!

ウォータープルーフ アイブロウ ライナー,ポール & ジョー ボーテ,

ウォータープルーフ アイブロウ ライナー 01 ¥2500/ポール & ジョー ボーテ
0.97㎜の極細のグレーで繊細に眉毛を描き足して。

【3】目の下の赤シャドウ

Image title

下まぶたの赤シャドウも、今季のイガリメイクの必須項目のひとつ。「下まぶたに左下の赤をほんのりプラス。上まぶたは左上のブラウンを軽くのせて」温かみのある色の目もとで、攻めの赤リップとのバランスを。

使ったのはコレ!

レキャトル オンブル 268,シャネル,

レキャトル オンブル 268 ¥6900/シャネル
「マットでさらっとした発色」アラサーの目もとにトレンド感と上品さをブレンド。

その他のアイテム

クリエイティブコンシーラー EX,イプサ,ネイルポリッシュ,THREE,

a:クリエイティブコンシーラー EX SPF25・PA+++¥3500/イプサ
「下の2色を混ぜて、目の下の三角ゾーンと唇の上下両サイドのくすみをオフ」
b:ネイルポリッシュ 45 /THREE
ネイルは主張を控えめにして引き算を」偏光パール入りのシアーなラベンダー。

VOCE11月号,森絵梨佳,赤シャドウ,赤リップ,イガリメイク,

ヘアメイク:イガリシノブ/BEAUTRIUM、撮影:菊地泰久/vale.(人物)、伊藤泰寛(商品)、スタイリング:程野祐子、モデル:森絵梨佳、文・構成:鬼木朋子