1. VOCE編集部員の「#デスコス」vol.10 編集部バイト 間宮

2016.10.12

VOCE編集部員の「#デスコス」vol.10 編集部バイト 間宮

三度の飯より美容好き! なVOCE編集部員発、デスクの上に置いてあるコスメ=「デスコス」を紹介するリレー連載。今週は、“三度の飯よりピンクが大好き♡”という、頼れるバイト間宮さん(通称:まーみん)の「#デスコス」をスクープ!

VOCE編集部員の「#デスコス」vol.10 編集部バイト 間宮

いつも私たちVOCEエディターを〝縁の下の力持ち”的に支えてくれている、バイト間宮さん(通称:まーみん)。毎日キレイに髪を巻いて、毎日キレイにお化粧している彼女は、私たちと同じく美容が大好きなんです♡今回はそんな、まーみんの「#デスコス」をチェックしちゃいましょう♪

Image title

「備品がない~」「校了紙まだ?」「お客様が来たから会議室へご案内して~」そんなVOCE編集部の総務部門を一人で一手に担っているのが、まーみんなんです。「#デスコス、教えてよ」って今回聞いてみたところ、出てくるもの全部、ピンク……。そう、まーみんは「全部ピンクじゃないとイヤなんです!!!」という女子。なんと、子供のころからあだ名はずっと「パー子」!(本人に掲載の了承を得ています・笑)

確かにピンクって女子にとっては、アガるカラーですよね。さらに事務作業をする上で機能的でもあることが、まーみんの「#デスコス」のポイントなんです。

自腹買い累計30個超え!
ディオール アディクト リップ マキシマイザー 各¥3500/パルファン・クリスチャン・ディオール

ディオール アディクト リップ マキシマイザー

言わずもがなの名作、マキシマイザー。私も愛用しております~!「これがないと生きていけません」と豪語するだけあって、累計購入本数は30本超えだとか。左の薄いピンクは限定色004(スイート ライラック)でもう販売終了しておりますが、右の濃いピンクの限定色007(ピンク サンセット)は、限定店舗「ディオール バックステージ ストゥーディオ」での取り扱いで、まだ残っている店舗もあるようなので、ぜひチェックしてみてくださいね。もちろん001の定番カラーもオススメです。

パッケージの可愛さと香りで選ぶ♪
ジルチュアート サプライズラブ ハンドクリーム ¥1400/ジルスチュアート ビューティ

ジルチュアート サプライズラブ ハンドクリーム

「ジルスチュアートはとにかく見た目が可愛いので、限定ハンドクリームはすべてチェックしています♡」今回の限定品もジル好きにはたまらない、キュンとくるデザイン。ギフトにも喜ばれる一品ですよね。「給湯室まわりの仕事もあるので、ハンドクリームは欠かせません。1日3回は塗りなおすかも!」というまーみんは、違う香りのハンドクリームを常備し、気分をリフレッシュさせているそう。(中央のものが発売になったばかりの「サプライズラブ ハンドクリーム」。他は限定品で現在販売は終了しています)

ピンクのパワーを空気にも纏う♪
フェリセント フレグランス ボディミスト ¥1400/コーセー

フェリセント フレグランス ボディミスト

自他ともに認める「パー子」。そんなまーみんの机には、まだまだピンクアイテムがありました!「ボディミストなんですけど、エアーリフレッシャーとしても愛用しているんです」ピンクのオーラを、ボディにも周りの空気にも纏えば、ちょっとしたイヤなことも吹き飛ぶんだとか。05のTRUE ROMANCEは、マグノリア、ペア、アンバーをブレンドしたセンシュアルフルーティーフローラルです~。

もちろんリップだってピンク!
ルージュ ヴォリュプテ シャイン 各¥4000/イヴ・サンローラン ボーテ

Image title

社内で事務作業をしているからといって、メイクに手を抜かないのが、美容好き女子。まーみんは、女子力が本当に高くって、いつでも髪もちゃんと巻いていて、ツヤツヤ。私たち編集者も見習うべき女子力なんですよ♡左の薄いピンクは、No.51:ローズサハリエンヌで、「恋が叶うマカロンピンク」という、まーみんにぴったりなネーミング。右の濃いピンクは、No.6のピンクインディヴォーションで、「忙しい時や、気合いを入れて仕事をする時用に使っています。もう3本リピしました♪」とかなりのお気に入り!

コスメはいつでも女子を助けてくれる。そしてさらに「ピンク」は女子の強い味方なんですね~!またまーみんの机にピンクコスメが増えたらレポしたいと思います。

さて、次回の「#デスコス」は、ほとんどお酒が飲めなくって、甘いものが大好きな「スイーツ男子」与儀(ヨギ)のレポートです!お楽しみに♪