1. 「生まれつきいい香り」になれるロールオンが香水の新潮流!?

2016.10.20

「生まれつきいい香り」になれるロールオンが香水の新潮流!?

ステキな香水も、ガツンと香りすぎてはキツくて派手なイメージに。「もしかしてこの人自体がいい香りなのかな?」どうせならこう思われたいもの。そこで注目したいのがロールオンタイプのフレグランスオイル。さりげなく香るキレイなお姉さんになれるかも?

「生まれつきいい香り」になれるロールオンが香水の新潮流!?

香水と何が違うの?
知りたい!ロールオンオイルのいいところ

ロールオンフレグランスオイルは、ピンポイントでつけたい量をつけたいところにつけられるのが最大の魅力。アルコールが入っていない分、香りたちがやわらかく、持続力も高いのが特徴です。「バシャッとたくさん出てしまう」「アルコールが飛ぶまで香りがキツい」というスプレー式の香水にありがちなお悩みとも無縁です。ふとした動きによって穏やかに香り立つのでオフィスではもちろん、接近戦のデートにも効きます。つけた瞬間の香りの拡散も少ないから、外でのつけ直しも気を遣わずにすみ、食事の邪魔にもなりにくいのが嬉しい。コンパクトなサイズは持ち歩きに便利なだけではなく、劣化する前に使い切れるというメリットもあります。香水に比べて種類が少なめですが、人とかぶりにくいのも使い始めるとハマる理由です。

生まれつきいい香りの人みたい♡
オススメのロールオンオイルはコレ

ディプティック
ロールオンフレグランスオイル ロンブルダンロー

Image title

http://www.diptyqueparis.com/personal-fragrances/roll-ons/roll-on-perfume-oil/lombre-dans-leau-roll-on-perfume-oil.html

言わずと知れたディプティックの名作「ロンブルダンロー」。ロールオンタイプのフレグランスオイルがあるんです。カシスの葉とブルガリアンローズのグリーンフローラルの香りで、個人的には「お花屋さんの店頭の香り」がすると思います。オードパルファンやトワレにくらべて、トップのグリーンが控えめに香り立つのが特徴。オイルのほうが比較的早くローズの甘さが出てくるので、香水バージョンを持っているけど、ミドル以降の香りが好き!という人にもオススメです。ディプティックならではのパッケージの美しさも使うたびに気分を上げてくれます。

ジョンマスターオーガニック
ロールオンフレグランス サルトリースパイス

Image title

http://www.johnmasters-select.jp/s/f/dsg-4136

100%オーガニック、USDA認証取得のピュアなオイルでつくられたロールオンフレグランスです。スパイス?クセがあるんでしょ?男くさいんでしょ?と敬遠するのはもったいない!やわらかなバニラにスパイスの効いた温かみのある香りです。バーボンバニラに最初はスパイス、徐々にオレンジ、ネロリ、プチグレインが香ります。いかにも香水というよりはアロマの香りと言った感じで、香水はあまり好きじゃないという人にもオススメできる香りです。「人にアピールする」というよりは「自分用アロマ」として使える感じで癒し効果が高いので、仕事のリフレッシュや、就寝前にも。

the PERFUME OIL FACTORY
the ORIGINAL 05 Rose

Image title

http://perfumeoil.co.jp/products/detail.php?product_id=8

シンガポール生まれのthe PERFUME OIL FACTORYからは、ローズの香りを。甘すぎず、葉や茎も感じるようなローズの香りです。ブルガリアンローズ・ティーローズのトップからモロッカンローズ、ダマスクローズと、いろいろなローズがくるくると顔を出します。あまり複雑な香りではないですが、自然な女らしさを演出してくれます。香りの持続性は今回紹介したものの中でピカイチ。朝、お腹につければ一日中香りがもつし、首筋や毛先など顔周りにつけてもうるさくないので「生まれつきいい香りの人」になれるかも。このブランドは全部で31種のオリジナルの他、ゆずや抹茶からインスパイアされた日本の香り、天然香料を配合したプレミアムラインもあるので好みのものが必ず見つかるはず。

これ見よがしにならず、さりげなくいい香り♡そんな香り美人を目指すなら使わない手はありません!好みのロールオンフレグランスオイルが見つかったら、ぜひ手を伸ばしてみて。